見出し画像

田舎でもアプリ予約が使われて驚きました。-BAKERY TSUKIAKARI

「地元築捨(つきずて)町に優しい灯りをともしたい。」オーナー土屋シェフが店名「ツキアカリ」に込めた想いだ。建物は父の鉄工所をリノベーションして活用。その内装は、三日月形のカウンターや工場をイメージしたロゴの窓枠など、土屋シェフの想いが随所に感じられる。

岐阜・東京の人気店で修業し腕を磨き、満を持して2019年12月に独立開業。今では地域になくてはならないベーカリーへと成長している。そんなBAKERY TSUKIAKARIオーナー土屋シェフにパンタベル出店について聞いた。

パンタベルに出店したきっかけを教えてください。

先輩のお店が既に出店していて、紹介いただいたことがきっかけです。当時は電話予約のみ受け付けておりましたが、あまり予約は入っていませんでした。ロスパンリスクを減らすためにも事前予約率は上げておきたいと考えていたので、新しい予約方法があるなら試してみようと、出店を決めました。

新しい予約方法に不安はなかったですか?

多少ありましたが、アプリ予約なら自動で予約を受け付けてくれるので、電話を取る人もいらず、何とかなるかなと考えました。実際に手間はほとんどなく、当日朝、メールで届いている予約一覧ファイルを印刷して注文の準備をしています。

出店後、お客様の反応はいかがでしたか?

店舗ページ公開翌日から予約が入ったことに驚きました。週末ともなれば想像以上の予約件数が入っています。田舎なので、アプリ予約などあまり関心がないかなと思っていたのですが、お客様から「もっと使い方を教えてほしい。」「車を使って遠くから来るから、確実に買えるのは嬉しい。」「小さい子どもが居て店内ではゆっくり選べないので、スマホでメニューを確認できるのは助かる」など、喜びの声がたくさん届いています。

アプリ限定パンも販売されていますね。

「クリームドーナツ」をアプリ予約限定商品として販売しています。予約限定ということで、わざわざ前日までにご予約いただいたお客様に特別感を感じてもらうことができています。また、ご来店いただいた際には予約パン以外も追加で購入していただけることが多々あり、客単価向上にもつながっています。

パンタベルの魅力を教えてください。

アプリ予約という点が今の時代とあっていると思います。田舎とはいえ、スマートフォンはもっていない人を探す方が難しいですし。あと前日24時まで予約可能なので、電話予約と違い、お客様が店舗の営業時間を気にする必要がありません。当店のお客様は主婦の方が多いのですが、日中は仕事をして、帰宅したら家事や子育てと忙しい毎日を送ってらっしゃいます。そんな毎日の中、一息つける夜の時間帯でも簡単に予約できるという点がお客様の心を掴んでいるのではと思っています。

今後、パンタベルに期待することを教えてください。

まだまだパンタベルに出店しているパン屋さんが少ないので、周りのパン屋さんにも広がって、盛り上がるといいなと思います。あと、年々通販需要も増えているので、通販事業も始めてくれたら嬉しいですね。

Shop Info
店名:BAKERY TSUKIAKARI
住所:岐阜県大垣市築捨町3丁目89-1
最寄:名神高速道路『大垣』インターより車で10分
HP:https://pantabell.com/stores/gifu/ogaki/12

パンタベルは個人経営のお店から大規模店まで、どんなパン屋さんでも負担なく簡単に出店できます。スタッフ一同、これからもサービス品質向上に努めてまいります。電話予約負担軽減や、予約率アップ、顧客満足度向上のためのパートナーとして是非ご検討いただければ幸いです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
『行きつけのパン屋さんを手の中に』をコンセプトに2020年4月から提供を開始しているサービスです。掲載店舗さんは全店舗、アプリからの前日予約ができます!「目当てのパンは予約で確保、それ以外はその日の気分で当日に♪」が当たり前の世界を目指します!