地方医学生の臨床留学への道 第五話 世界に行きたい理由は?

オンライン英会話終わりました。今日も最高の一日にしましょう。

USMLEに関して。

First Aid Q&Aはあと130問です。RXに移行する日が待ち遠しいです。その前にNBME模試で爆死することも忘れずに。敵を知ること。

3年のこの時期から予備校の動画を見るべきなのかはいまだに迷ってますけど…。いまいち私は動画を見て勉強するのが苦手で、自分でやった方がやる気が湧いてくるんですよね。受動的な形式があまり好きではないというか。まあ実際動画を見てしまったら、もちろんそっちの方が理解しやすいと感じることは間違いないですが。ちょっと高すぎるかな…。

話は変わります。

人工知能って何?少しでも興味のある方はこの本を読んでみることをお勧めします。超分かりやすいです。

さて、私が世界に行きたい理由の一つに、日本では学べないことを海外で学ぶためというのがあります。では、具体的にどんなことがあるのでしょうか。

今回は、研究留学なので臨床留学よりハードルは下がります。

それは、大量のデータを用いて、人工知能を医療分野に応用するための研究です。日本ではデータの利用に関して規制が強く、また法律の制定も遅れているため、技術があっても研究者はなかなか自由に動けないというのが今の状況ではないかと考えています。憶測です。米国の方が症例数は豊富ですし、研究材料のデータがたくさん手に入るので最先端の研究をしに行くには非常に良い場所なのでは?と思っています。海外で臨床するつもりなら、書いた論文の数、実績がめちゃくちゃ大事ですし、今のうちからそういった勉強を始めても絶対に損はないと思っています。

最近は米国データサイエンティストのかめという方のブログを参考にして統計学、AIの超入門書を読みまくっています。楽しいです。

将来的には、医学×○○を持っているのが普通になる時代が来ると思っています。私の場合、○○の候補として哲学、心理学、AI、ブロガー、海外、You Tubeなどほかにもいろいろ考えています。

「価値のある人材とは何か」と「自分が本当にやりたいこと」がリンクした瞬間に私の人生の第二幕が上がるのです。












この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
5
地方の医学生。 外科志望‣哲学‣読書‣USMLE(米国医師国家試験)‣こちらでブログもやってますhttps://pankiji.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。