テクノベート動画まとめ


今回の投稿は、https://www.youtube.com/watch?v=6_XpiQdJfNw&t=2659s」の書き取りメモ。難しくてメモなしには無理。

以下、書きなぐり。----------------------------------------------------

社会の横軸を、ものづくり。縦軸を、妄想力を実現にすること、虚数的なもの、つまりテクノロジーで置く。従来きた横軸はもう延びない。それは確実な未来。縦のベクトルでのばしていくべき。

妄想してカタチにする。千分の一、万分の一のエネルギー・サイズのスパコン1,000台分を作るべき。それは服の形なども考えられる。

全てのものをスマート化するのをどうしていくのか。これが今後の重大な経営課題。

AIなどと自社の能力の掛け算でどんな算式が一番効果があるのか考えてる。メルカリなら、画像。網羅的ではなく、一点突破でいくべき。

研究的な側面を持つべき。テクノロジストでなきゃ。

理数について何かわからない人に経営者は無理。テクノロジーベンチャーをやるには、理解仕切っていないと。つまり、最先端で走ってて文脈理解していること。

「妄想力」

これからの経営者には大事。発信、デザインしていくべき。その際に数式はシェアのため便利。みんなで同じ教科書でやってると特にいい。

スーツ着てる人と話すのやめるべき、そんな人と未来を話しててもしょうがない。

「数学は便利」。

感覚で議論する、エモさの追求と呼んでたりする。

言葉は常に抽象性を持たせておかないと誤解を生むことになる。情報が圧縮されてるから。言葉じゃなくて映像や、リンク、文献で答える(Ex.これとこれとこの論文読んでからも一回聞いてみて等)。

我々が思考言語に使ってる日本語は、ほぼ近代語。仏教語からの輸入。

二語を、日中辞典で調べてみるのが日本語のアップデートには有意義。

日本語で考えてる時点で無理。ラテン語と中国語と英語と日本語を組み合わせていこ。数式やリンクで答えるのが正解じゃないか。

「DeepLearning は根性」。

雑巾がけと同じ。スタンフォードのオープン授業を来週までに受講することなど。目的があって、エイやコイやと作業する時が泥臭い。コンピュータ土木作業。

「プラットフォーマーとの対決」。

入口の画像認識や音声認識は、GoogleやAmazonに勝てることはない。

ゲームセット。

しかし、産業は出口側での勝負。かつて日本は産業の色々な分野で1位を獲ってきた。こっちで、「日本全体」で色んな闘いをしていくべき。考えよう。

「教育論」。

一時停止ができないのが問題。個々人をサポートするソフトウェアがあれば解決できるのでは。

「老化する時代はもう直ぐ終わる」。

将来かかる病気への予防などがあるべき議論。ガンガンやれる。明るくいこう。

後で読む記事:
http://panora.tokyo/17491/
https://www.youtube.com/watch?v=txFdFPGd7Ug
https://digitalnature.slis.tsukuba.ac.jp/vision/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。