見出し画像

定時制がお勧めできる理由47 就職まで4年も遊べる

どうもこんにちはパムです。 夜間定時制高校を卒業した者ですが、定時制の魅力や良さを語ります。


今回は 就職まで4年間も遊べるということについて話していきます。

定時制は3年で卒業と4年卒業に分かれます。 一般とされるのは4年卒業なので、今回は4年生卒業について話します。

人間は楽をしたいので、最初は3年で卒業を企んでいた人の中には4年卒業でも良いと思う人も出てきます。 もっというと4年卒業目指していた人の中には基準を満たせず5年卒業もいます。払うもの払えば 結構長く居続けることもできたかと思います。8年近く通えたかも...?

定時制になれると居心地は良いもので、卒業後仕事して忙しい日々を過ごすことを考えると4年でも良いと考える人がでてきます。 僕は3年で卒業できるなら卒業しようと思って3年で卒業しましたが、あの環境に1年多く居られることはすこし羨ましいところでも有りました。 

なぜタイトルを”遊べる”にしたのかというと、定時制は勉強面で楽だからです。一部難しい科目もありますが、他の基礎にあたる部分は簡単でやさしいです。普段の授業を受けていれば、テスト勉強入りません 一部の難しい科目だったり苦手な部分だけやる程度で点を取ることができます。 なので、学校外での時間は就職活動以外ほぼ やらなくても大丈夫です。 そのため今回のタイトルとして"遊べる"ということにしました。

さいごに 定時制高校の中には3年で卒業できる制度を持つ高校がありますが、3年で卒業するには夏休みに講習を受けたり、通信制の課題、全日制の授業を受けたりと、普段の授業+"なにか" をやらないといけません。更に複数組み合わせないと、3年で卒業することもできません。自分の方向性が定まらなかったり、良い就職先が見つからなかったり、  進学失敗した場合は無理せず4年卒業を選んでもいいと思います。 高校というのは、成功する場所ではなく、チャンスを掴むところです。 まだチャンスが来ないと思ったら、3ではなく4年でも良いかもしれません。


最後まで読んでいただきありがとうございました!高校選びで迷っている方や、高校卒業せず社会人となった方で再度やり直そうと考えている方の参考になれば幸いです。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
よろしければシェアもお願いします!
Lisa定卒→カナテク→建設業に就職  毎日現場で怒られながら日々過ごしてます。 将来老舗5代目社長
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。