見出し画像

定時制高校で学んでおきたいこと20 節約

 どうもこんにちはパムです。 普段は建設業で毎日怒られながら日々過ごしている夜間定時制高校を卒業した者ですが、定時制の魅力や良さを独断と偏見で語ります。

 はじめに 夜間定時制とは夕方17時頃から始まり、午後9時頃までの学校で、卒業するのに4年かかりますが、3年間で卒業ができる学校もあります。

 今回は 定時制高校で学んでおきたいこと20 ということで 節約について話していきます。

  いきなり節約と聞くと、生活の質を下げたり、一度使ったものを再利用などを想像してしまうかもしれませんが、少し違います。無駄な浪費を減らし、支出を抑えることです。 生活の質を下げることは確かにそうかもしれませんが、考え方を変えることで、質が下がったという感覚はあまり感じないかもしれません。 それではもうすこし詳しく話していきます。 ポイントとなることを3つ挙げていきます。

 ・ポイント1  無駄な支出を減らす。

 ・ポイント2 サブスクリプションを見直す。

 ・ポイント3 不要な交流を減らす

 ではまずポイント1の 無駄な支出を減らすについてです。 あなたは今 無駄と感じているのにお金を払っていませんか。  太ると思いつつ、つい食べてしまうお菓だったりラーメンだったり。 エナジードリンクを1日1本でも十分なのに2本飲んだり。  夜中に夜食を食べたり。 単品で頼めば良いものをセットで食べたり2品注文したり。 買おうとした段階で、本当は必要ないな、、 と少しでも感じたのであれば、それは無駄なことが多いです。 全く我慢できないのは、どんどん生活が緩くなり成長が止まります。 お金も貯まらず、太っていくだけでさらに我慢ができなくなり、負のサイクルになってしまいます。 人間成長していかないと、将来今やっている仕事がうまくいかなくなって破産してしまいます。 成長が止まることにメリットはほぼありません。 必要なものを買う分には問題ありません。 勉強するために本を買うことや、家で勉強できないからカフェに行きコーヒーを買ったり、 野菜を取るために野菜生活を飲んだり。  必要と感じるのであれば、買っても良いと思います。 しかし毎月ギリギリの生活をしているのであれば、財布と相談しながら買ってください。  

 ポイント2 のサブスクを見直すについてです。
ここ最近、音楽やアプリ内機能拡張のために定期的にお金を払うことでサービスを受けられるものが増えてきました。 新聞や電気ガス水道、家賃など、定期購入自体は昔からありますが、アプリでの定期購入はここ最近できたので、サブスクという言葉が浸透してきたのはまだ新しいかと思います。  そんなサブスクですが、毎月もしくは毎年いくらかでサービスを受けられて、大変便利です。 しかし、手ごろな価格とはいえ長い目で見ると、高い場合もあります。ちょっとしたことで月200円、年2400円だと一見安いかもしれませんが、 果たして必要なのかもう少し考えても良いと思います。  月の給料的にダメージは少ないから問題ないと思っているのであれば、もしかすると感覚が鈍くなっているのかもしれません。 お金は使ってこそ意味がありますが、 あんまりどうでもいいことだったり、本来払わなくても良いのにお金を使うのは 企業に寄付しているだけのようなものです。 改めて考えてみてください。 そのサブスク、意味がありますか。  
 因みに僕は最近まで年に2万ほど使っていましたけど、音楽含めて一旦全てやめて、家賃だけになっています。(寮なので全部込みで月3万5千円です)

 ポイント3 不要な交流を減らすことです。 
交流は人間どうし集まって好きな話をしたりしてとても楽しいです。 しかし意味があるのか考えるとあまりないこともあります。 単に楽しいから飲み会に行く。というのはそれはそれで良いのですが、成長に繋がるわけではありまあせん。自分の尊敬する人と会うことは非常に大切ですが、同僚や友達との飲み会はあまり成長には繋がりません。一回の飲み会で数千円かかります。 そのお金があれば、本を2〜3冊買うことができてしまいます。 その方が成長につながります。  集まってストレス発散させるのも心地よいものですが、しょっちゅう行っていると思う人は、回数を減らしてみてください。 友達とカラオケに行くのも楽しいですが、毎週ではなく月1にするとかすることで、楽しみを残しつつ、勉強などの時間を増やすことができます。  

 1〜3をまとめると、成長しないことは今は問題ないかもしれませんが、将来的にいつか困ります。そのため、勉強したり、自分の長所を伸ばす心がけをすることで成長しますが、飲み会やカラオケなどによる時間のロスで体は満足してしまい、成長が止まってしまいます。 毎週遊んでいる人は月1に減らしたりして、自己成長することにお金を使っていきましょう。   

 成長を阻害するお金を減らすという意味の節約でした。
 最後まで読んでいただきありがとうございました!高校選びで迷っている方や、高校卒業せず社会人となった方で再度やり直そうと考えている方の参考になれば幸いです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
よろしければシェアもお願いします!
1
Lisa定卒→カナテク→建設業に就職。毎日更新中