呼び方と尊重アイキャッチ

「レズ」「ホモ」は使っちゃダメ? ー 呼び方と尊重の話

最近は、LGBTQ+という言葉を知る人も増え、性のあり方が多様だということの認知も広まってきたと感じる。
同時に、ゲイやレズビアンといった、それぞれのセクシュアリティを示す言葉も多くの人が知るようになったのではないだろうか。

しかし、LGBTQ+の人への呼称のなかには
・差別的に使われてきた歴史や経緯があるもの
・そもそも差別的な意味を含むもの
などがあり、そういうネガティブな言葉が無配慮に使われてしまっている状況が問題になっている。

性のあり方を示す言葉がたくさんあり、それぞれの認知度が高まってきたこともあって、「悪気はなくても相手を傷つけてしまうのでは…」と心配になったり混乱してしまう方も多いのではないだろうか?

そこで、パレットーク編集部では普段使わないようにしている言葉、そして代わりにどう表現するか、漫画にしてみた。

パッケージ②01

パッケージ②02

パッケージ②03

パッケージ②04


「ホモ」や「レズ」って言葉は使っちゃダメ?

LGBTQ+という言葉が広がるずっと前から、多様な性のあり方を持つ人に対して様々な呼び名があった。「オカマ」や「オネエ」という言葉は、今もテレビのバラエティー番組などではよく耳にする。誰かの会話で「ホモ」や「レズ」という言葉を聞いたことがある人、使ったことのある人も多いのではないだろうか。

ただ、漫画でも紹介している通り、パレットーク編集部ではこれらの言葉を使わないようにしている。なぜなら、これらの言葉が差別的な文脈で使われてきた歴史や経緯があるからだ。

たとえば「オカマ」という言葉。いわゆる"女性らしい"振る舞いをする男性を指す言葉だ。侮蔑的な意味が含まれることがあり、当事者によっては使われることを嫌がる人も多い。また、この言葉が、ゲイの男性だけに限らず女性装をする男性、女性らしいものを好む人などに対しても使われることがあり曖昧だ。そのことによって誤解を生んでしまう場合も多い。

また、レズビアンをさす言葉として「レズ」と略された言葉が使われることもあるが、こちらも同じように蔑称として使われてきた経緯があるため編集部では使わないことにしている。

では、どの言葉を使えばいいの?

相手の人が使ってほしいと思う言葉を使うのが大原則。

その上で、一般的な状況で使うときや、相手の意思がわからない場合は、なるべく傷つける可能性のない言葉を選ぶのがいいと思う。

たとえば…

・男性のことが好きな男性(男性の同性愛者)に対しては、「ゲイ」。
・女性のことが好きな女性(女性の同性愛者)に対しては、「レズビアン」。
・「生まれたときの性と違う性で生きる/生きたい」と思っている人に対しては、「トランスジェンダー女性/男性」。

など。

*トランスジェンダーについてより詳しく知りたいという方は、こちらの記事も読んでみてください↓

当事者で「レズ」や「オカマ」と言っている人もいるけど…?

たしかに当事者のなかには、いわゆる蔑称として使われてきた言葉を使って自分のことを表現する方も多くいる。
でも、だからと言って他人がその言葉を使っていい、ということになるのだろうか?

第一に、ある人がその言葉に対して嫌な気持ちにならなかったとしても、他の人が同じように感じるかといえば、そんなことはない。

第二に、「自称すること」と「他称されること」と言うのは、そもそも大きな違いがある。漫画のなかでも紹介しているが、ある人が「自分はバカだ」と表現しているからと言って、他の人が「お前バカだよな〜」と言ってもいいことにはならないだろう。

また、蔑称として使われてきた言葉をあえて当事者が自称に使うことは、「マジョリティによって一方的に意味付けられることを拒否する」という意図がある場合もある。「クィア」という言葉も元々は蔑称だったが、現在では当事者によって意味付けが変化してきている。詳しくはこちらの記事も参照されたい。
クィア・スタディーズが問い直す境界線 ー 早稲田大学 ジェンダー研究所森山至貴先生に聞いた、クィアの意味

一番大切なのは、なるべく傷つく人が少ない言葉を使いながら、同時に「目の前にいる相手がどう呼ばれたいか、どう呼ばれたら嫌なのか」を思いやる、ということなのだと思う。

漫画のタイトルを「呼び方と尊重の話」としたのも、その尊重したいという気持ちが一番大切だ、と考えるからだ。

メディアによる差別や偏見を助長させるような表現や、間違った言葉の使用が問題になることも増えてきた。LGBT方連合会が中心となって、「LGBT報道ガイドライン」というものが作成されたので、表現方法などで不安に感じたときはこちらを参照することをおすすめしたい。

(漫画:ケイカ、編集後記:伊藤まり)

パレットークでは、性のあり方や多様性について発信をしています。
Twitter: @palettalk_
Instagram: @palettalk_


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

性のあり方や生き方の「こうあるべき」を超えてゆくためのメディアです。いただいたサポートは、コンテンツの制作費に使用させていただきます。宜しくお願い致します。

励みになります!
60
「こうあるべき」を、超えてゆく。をテーマに、LGBTQ+、フェミニズム、多様性について、漫画やインタビューを通して発信しています。セクシュアリティやジェンダーにかかわらず、一人ひとりの選択肢が無限に広がる世界へ。12月の特集テーマは「#今年がんばったで賞をあなたに」。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。