見出し画像

【漫画】会社でのセクハラに声を上げられるか - とある社員が思うこと

ストライプさん2_01

ストライプさん2_02

ストライプさん2_03

ストライプさん2_04

ストライプさん2_05

「このまま黙って時が過ぎるのを待つことが、いいこととは思えない。」

2020年3月18日、私はパレットークの編集長に電話しました。
それは(株)ストライプインターナショナルの創業者のハラスメントに関する最初の新聞記事が出てちょうど2週間のことです。

同社で採用や教育、ダイバーシティやSDGsを担当してきた私が、ハラスメントの報道をみて最初に感じたのは「なんじゃこら」。
そして「私が採用した子たちは、今どんな気持ちで店頭に立っているのだろう」でした。

対応に追われる広報チームと次々に書き込まれるネット情報を見ながら、「東京レインボープライドやエシカル活動など、これまで取り組んできたことが嘘になっちゃうのかな」とぼんやりと思いました。

個人のスマホには、いろんな人からメッセージが届きます。
心配の言葉にまぎれた「今は厳しい時代だからね」であったり、「アナタは上手にかわしてきたんでしょ」といった言いように、強烈な違和感をおぼえました。

そして、ふと気づいたのです。
「わたし、加害者だったんじゃなかろうか」と。

セクハラくらい、うまくかわすのが大人だから。
場を白けさせないように、下ネタくらい笑顔で対応。
カラオケのデュエットは腰に手を回されるくらい許そう。
ギャーギャー騒ぐのはみっともない。大人の女は余裕を持つこと。

社会人なりたての頃そんな先輩のアドバイスを実行しながら、自分でもセクハラ対応を「仕事ができること」のひとつの要素のように捉えてきたところがあるかもしれません。
会社の研修としてジェンダーバイアスやLGBTQsの基礎知識について話しながらも、根本的な部分で私は間違ったままだったんじゃないかと思います。
そんな私の感覚は受け継がれて広がって、組織風土になって、ハラスメントの対応に悩んだ子が相談しようとする口を封じていたかもしれません。

声をあげられない人たちがいる。
声をあげられない人たちを私もつくった。
そう思ったら、とにかく何かしなきゃと、電話していました。

パレットーク様には、2019年からストライプインターナショナルの社内SNSで配信しているダイバーシティ/SDGsコラムのイラストを依頼しています。

環境問題へのアクションのひとつであるショッピングバッグ有料化、
ジェンダーや体型に関係なくおしゃれを楽しめるオリジナル浴衣、
言語が違う方や耳が聞こえない方とのコミュニケーションについてなど、
わかりやすくスタッフに伝えるためにはどうしたらいいか、
編集長とディスカッションしながら内容を決めていく時間が
私はとても楽しみで大好きです。

今回の報道を受けて、
次々に続く過激さを競うようなニュースではなく、
手のひらを返したような記事ではなく、
遠慮して沈黙するのではなく、

戸惑っているストライプインターナショナルのスタッフたちに
「声をあげていい」「どうせ言っても無駄だ、なんて思わないで」と伝えたいと思いました。


この漫画はフィクションですが、
ハラスメントに関する世の中のいろんな要素を混ぜて制作いただきました。

無責任に冗談を言える直接嫌な思いをしていない人、
自分に見えている姿のみが真実だと思う人、
カネ目当てだと考える人、
仕事を失いたくないから我慢する人、
そもそも無関心な人、

フィクションではありますが…正直、公開することに怖さも感じています。

ただ私は、組織が健全に育つことを信じています。
働いていたことが消したい時間にならないように。

誰もが安心して過ごせるように。

二宮 朋子(ストライプインターナショナル  SDGs/ダイバーシティ担当)


パレットーク編集部より

複数の会社や組織の実際のエピソードを参考に、フィクション漫画を制作致しました。報道に関する内容の真偽に関して言及するものではありません。

気づかないうちに、このようなことが読者の皆様の近くでも起こっているかも知れません。もし「実際に被害にあっていない社員」としてこの会社に居たら、どのようなことを考え、どのような行動をするのか。こうした企業におけるセクシュアルハラスメントが、決して自分とは無関係のものではないと、一人ひとりが感じるきっかけとなればと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

性のあり方や生き方の「こうあるべき」を超えてゆくためのメディアです。いただいたサポートは、コンテンツの制作費に使用させていただきます。宜しくお願い致します。

スキありがとうございます。シェアもよろしくおねがいします!
780
「性にまつわるモヤモヤ」を漫画で読み解く!Twitter「パレットーク」(https://twitter.com/palettalk_)で投稿した、LGBTQ+やフェミニズムについての実体験に基づく漫画を、コチラでさらに詳しく解説していきます。

こちらでもピックアップされています

note編集部お気に入りマガジン
note編集部お気に入りマガジン
  • 19402本

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。

コメント (5)
セクハラに限らずハラスメントの類は、特に同調圧力が大きく働く組織では声を上げづらいもの。私もパワハラ被害の訴えを起こしたが、ものの見事にもみ消された。いや、濡れ衣を着せられた。
しかしそれに挫けて声を上げなければ(沈黙を続けていては)状況は1ミリも良くならない。誰かひとりの勇気を伴った行動がきっかけとなり、同じ組織で働く人々の行動変容を惹き起こす。そう期待したいし信じたい。
ご投稿の内容、拝見しました。非常に考えさせられる問題です。
セクハラだけに限らず、ハラスメントの問題は深刻です。
組織として対処する、いざとなったら相談をしなさい、と社員に公表しつつ、いざとなるとまるで対処ができていない会社も中にはあります。
以前受けた話で、お客様先で就業している時にセクハラに悩んでいる女性社員の相談に対して、
「何故された時に嫌だと言わなかったの?」
「社会人として嫌だというべきではないか?」
「ちゃんと意見できなかった君自身に問題がある」
と言われて、気持ちが病んでしまった子がいました。
信じられない事ですが、会社としての対処を拒むあまり、問題をすり替えて被害者に責任を押し付けてしまう会社は現実に存在します。
いくらハラスメント被害を対処するといったところで、問題に対処する組織の倫理観、また従事する社員の人間性が低ければ成り立たないのだ、という事実をまざまざと実感した出来事でした。
人が働きやすい環境を作るという意志、また改善していこうと追求する組織の姿勢が求められているのだと思います。
今朝の朝日新聞を読んで、この記事にたどり着きました。私は今、学生の身ではありますが、もし自分がここで働く社員だったら…と考えると、二宮さんのような勇気を持って問題と正面に向き合い、改善していく方がいてくださるというのは本当に心強いです。このような記事を公開していただきありがとうございました。今後も貴社のお洋服を着て、応援していきます。
加害者としての自分を痛感させられるnoteでした。
これからの自分を変えたいです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。