リスロマ

【漫画】リスロマンティックとは?好きだけど両思いになりたいわけじゃない!

「リスロマンティック(Lithromantic)」という言葉を聞いたことがあるだろうか。これは、セクシュアリティ(性的指向)を表す言葉のひとつだ。

画像1

画像2

画像3

リスロマンティックをもっと詳しく

このように、リスロマンティック(Lithlomantic)は「相手に恋愛感情は持っているが両思いになりたいわけではない」という、ひとつの恋愛の在り方のこと。

この漫画の主人公は、恋愛対象はいるものの「両思いになりたい!」「付き合いたい!」という欲求を持っているわけではない。つまり、相手に恋愛感情を感じるが、その相手から恋愛感情を向けられることは望まないし、必要としていないということだ。

このセクシュアリティは、身近な相手に恋をする人だけに当てはまるわけではない。

"アイドルや二次元キャラクターに恋愛感情を抱いているが、彼らから恋愛感情を向けられることは望まない"という人も、リスロマンティックである可能性がある。

リスロマンティックは両思いになるのがいや?

リスロマンティックは両思いになることを望まない。ということは、相手も自分のことが好きだと分かってしまうと、相手への恋愛感情はなくなってしまうのだろうか?

これは、人によって異なる。両思いになることで相手への恋愛感情を失ってしまう人もいれば、両思いになっても気持ちは続いていく人もいる。つまり、「リスロマンティックだから誰ともお付き合いをしない」というわけではないということだ。

多様なセクシュアリティのひとつ

「好きな人とはお付き合いをしたいもの」。今の日本には、まだまだその考え方が根強く残っている。「好きだけど付き合いたくない」と誰かに打ち明けたときに、「そんなの変だよ!」と言われ傷ついた経験を持つ人もいるかもしれない。

しかし今回紹介したリスロマンティックのように、相手への恋愛感情と“お付き合い”を結びつけて考えない人も多くいる。リスロマンティックも特別なものではなく、多様なセクシュアリティのうちのひとつにすぎないのだ。

この記事は、2018.09.12にウェブメディア「Palette」にリリースされたものです。

パレットークでは、性のあり方や多様性について発信をしています。
Twitter: @palettalk_
Instagram: @palettalk_


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

性のあり方や生き方の「こうあるべき」を超えてゆくためのメディアです。いただいたサポートは、コンテンツの制作費に使用させていただきます。宜しくお願い致します。

コメントもお待ちしています!
26
「こうあるべき」を、超えてゆく。をテーマに、LGBTQ+、フェミニズム、多様性について、漫画やインタビューを通して発信しています。セクシュアリティやジェンダーにかかわらず、一人ひとりの選択肢が無限に広がる世界へ。2月の特集テーマは「#愛と恋と性を語ろう」。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。