見出し画像

ドラフト1位は間違いなし!? 高松商・浅野翔吾に熱視線を送る2球団とは…高校ナンバーワン外野手にスカウトが大挙集結

プロアマ野球研究所(PABB‐lab)

全国のドラフト候補を紹介している「プロアマ野球研究所」。今回は高校ナンバーワン外野手が見せた地方大会、甲子園での活躍を紹介していく。

2022年7月10日 全国高校野球選手権香川大会
坂出3-14高松商(5回コールド)

2022年8月11日 全国高校野球選手権
高松商14-4佐久長聖

浅野翔吾(高松商) 3年 外野手 170cm86kg 右投両打

画像1

今年の高校生野手は外野手に好素材が多いが、中でも総合力でナンバーワンと見られているのが高松商の浅野翔吾だ。

入学直後から中軸として活躍し、昨年夏の甲子園で智弁和歌山戦でホームランを放っている。今春は、太ももの肉離れで県大会の終盤、四国大会は本調子ではなかったとのことで、筆者は現地行きを見送ったが、7月10日に行われた香川大会の初戦に足を運んだ。

この試合で浅野は1番、センターで出場。そしてその見せ場はいきなり訪れることになる。1回裏の第1打席で、3球目のスライダーをとらえると打球はレフトスタンドへ飛び込む先制ホームランとなったのだ。

この日もスタンドにはDeNAが4人、ソフトバンクが3人など多くのスカウトが集結していたが、その前で夏の大会のファーストスイングでいきなりホームランにしてしまうというのは、やはり只者ではない。

結局、この日のヒットは第1打席のホームランだけだったが、第3打席では四球を選んで出塁し、第4打席にはセンターへの犠牲フライも放ち、4打席中3打席でしっかり仕事を果たした。

そして、甲子園での初戦となった佐久長聖戦。第3打席で右中間、第4打席でレフトへと2打席連続ホームランを放ち、大観衆を前に改めてそのパワーを見せつけた。

だが、その予兆は第2打席の凡退にあった。

◆スカウト陣を大挙送り込んだ球団とは…!?

この続きをみるには

この続き: 758文字
記事を購入する

ドラフト1位は間違いなし!? 高松商・浅野翔吾に熱視線を送る2球団とは…高校ナンバーワン外野手にスカウトが大挙集結

プロアマ野球研究所(PABB‐lab)

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
プロアマ野球研究所(PABB‐lab)
年間300試合以上を取材する野球ライター・西尾典文と、有名サイトの野球記事を担当するベテラン編集者がタッグを組んだ“ベースボールラボ”です。ドラフト候補を中心にアマチュア野球やプロ野球のオリジナル記事を配信していきます。プロ野球球団のスカウトの方々も読んでいる記事をお見逃しなく!