見出し画像

宿泊料金について

値上げしました。

夏が終わってから、どうしようかなぁと考えたり考えなかったりを繰り返して、ついに最終決定しました。

ホームページの情報はまだ今までのままですが、今週中には新しいものに変更されていると思います。

値上げといっても微々たるものですが、それでもちゃんとお伝えするのが礼儀かなぁというのと、どうして値上げしたのかを説明します。

価格変更について

大きくわけて3つの変更です。
①基本料金を上げた
②繁忙期料金をより多く設定した
③暖房費をなくした

①基本料金を上げた
これは言葉の通りで宿泊料金を上げました。
ドミトリー:3000円→3200円
個室AとBは「1人当たり500円から〜300円の値上げ」
宿泊人数によって値上げ率が変わるので、平均400円くらいと思っていただくといいかと思います。
貸切も30000円→35000円にしました。

②繁忙期料金の設定
今までもGWや夏の土日やお盆などに繁忙期料金を設定しましたが、今回は繁忙期料金の該当期間を増やしました。
GW、シルバーウィーク、年末年始、夏の平日:1人あたり500円追加
夏の土日とお盆:1人あたり1000円追加

③暖房費をなくした
今までは12-2月に暖房費を300円もらっていたのですが、やめました。

なぜ価格変更したのか?

「継続的に経営するため」

これが一番大きな理由です。ひととまるは3年目を迎え、家族3人が生活していけるだけの収入はありましたが、決して余裕があるわけではありません。

先日のnoteでも書いたのですが、休みなく働いても手元に残るお金が思ったより少なくなりそうで、それはよろしくない。もうちょっと稼いで、休みをちゃんと取れるようにしようと思いました。

そのためには、一定額の利益を確保しなくてはいけません。
稼働率をあげたり、たくさんの人に来てもらえば解決するわけではなく、むしろ一人当たりの単価を上げることで、稼働率が多少下がっても利益を確保しようと思ったわけです。
※稼働率を上げて、人を雇えるだけのお客さんに来てもらうってやり方もありますが、その可能性を今回はあえて除外して考えました。

さて、ここまでは自己中心的な考え方で、お客さんの存在を無視しているようにも思えるのですが、値上げをするだけの努力も陰でちゃんとしています。

オープンから今まで小さな改善を多く積み重ねてきました。
設備投資も、サービスの追加も、気付かれないであろうことも、たくさんたくさん積み上がっていて、そういうものがあっての値上げです。
ですので、ただ経営が苦しいから値上げしたわけではないことも頭の片隅に入れてもらえるとうれしいです。
じゃあ具体的にどんなことがよくなったのよ!と思う方もいると思います。
それは実際に泊まりに来ていただいて、新価格が妥当かどうかをご自身の基準で判断してください。

矛盾するようですが、値上げにふさわしいサービス向上がされているかではなく、新価格が宿の提供価値に見合うものかどうかを判断してもらえたらうれしいです。

それでは長々と失礼しました。
どうぞ、これからもよろしくお願いします。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでいただきありがとうございます。 みなさまからのサポートは子育てに使わせていただきます。

うっひょー。ありがとうございます。
13
兵庫県の日本海側、豊岡市竹野町で「ひととまる」というゲストハウスを経営。 https://hitotomaru.com/ 埼玉県から移住し、そろそろ4年。 最近、子どもが生まれました。 noteでは、子育てとゲストハウスをキーワードに書き綴ります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。