見出し画像

台風だからキャンセルする人もいれば、台風だから来る人もいる。

いよいよ待ち望んでいない台風が近づいてきます。
お盆のど真ん中、最後の一踏ん張りや!と気合いをいれていたのに拍子抜けです。

海水浴ができないからさすがにキャンセルだろうなぁと思いつつ、全く連絡がないのでこちらから確認の連絡をしました。すると3組中2組が予定通り泊まりに来ることになりました。内1組は夕食も追加になりました。

キャンセルになったのは海外のお客さんで、子どもがいるため安全な地域に行くと連絡がありました。一番の稼ぎ時にキャンセルなんて痛すぎると頭を抱えていたのですが、後から考えてみると、むしろこれが普通だよなぁと思いました。

わざわざ台風が近づいている時に外出はしない。
私も、同じ立場だったらキャンセルします。

でも世の中にはそうじゃない人もいて、台風が近づく前に行っちゃおうって考える人がいます。さらに家の中にいても退屈だから天気が悪くても来ちゃう。今回の二組はそんな感じです。おもしろい。

もちろん、安全が一番ですので道路状況に応じて当日でもキャンセルしてくださいとお伝えしています。でも行くって気概がすごいなぁ。そのエネルギーは羨ましさすら感じます。

さらに別の方から明日泊まれないかと電話がありました。
連泊希望で結果的にお断りすることになったのですが、台風が過ぎ去るまで移動しないで滞在しちゃおうって考えの人もいるようです。
なるほど、そういう考え方もあるな。

ハイパー当たり前のことをドヤ顔で言いますが、世の中には本当いろんな考えの人がいて、ウルトラおもしろいです。

そうきたか!みたいなことも週に1回くらいあって、多様性に寛容になっていけてる気がします。というか気にしていたら身がもたない。

結局、明日はそれなりに忙しくなりそうなので、台風に気を付けつつ最後の一踏ん張り、頑張ります。

そしたら一日お休みです。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでいただきありがとうございます。 みなさまからのサポートは子育てに使わせていただきます。

うっひょー。ありがとうございます。
14
兵庫県の日本海側、豊岡市竹野町で「ひととまる」というゲストハウスを経営。 https://hitotomaru.com/ 埼玉県から移住し、そろそろ4年。 最近、子どもが生まれました。 noteでは、子育てとゲストハウスをキーワードに書き綴ります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。