見出し画像

学力テストでE判定だけど獣医大学に入るまでにやったこと

私はもともと獣医大学を出て、臨床獣医師をやっていました。
と、話すとなんとなく「頭がいい人」フィルターで見てもらえることが多いです。あえて偏見解除はしないんですが、これはかなり偏見だなぁと思っています。確かに同級生で頭のいい人は多かった。何より自分が出た高校より数ランク上、学区内トップ、都内トップの学校の人たちが浪人して入ってきたりしてたので、そういう人たちを見てると、頭のつくりが違うんじゃないかと思うこともあるくらいでした。あと、みんなそもそも勉強が好きw

高校一年生の文理選択の時に「獣医になろう」と思い立って獣医大学を目指し始めた私ですが、模試ではずっとE判定で、もうどうしたって受かる望みは一ミリもなかったんですよね。

そんで何をやったか、まとめると1)情報収集 2)自分の実力の把握 なんですが、ここでは具体的に何をしたかをご紹介します。


※いろんなことに微妙に配慮して有料記事にするので、内容読んだ人は口外なしでお願いしたいです^^

この続きをみるには

この続き: 4,241文字

学力テストでE判定だけど獣医大学に入るまでにやったこと

みじんことオーマ

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ここまで読んでくださってありがとうございます! スキしたりフォローしたり、シェアしてくれることが、とてもとても励みになっています!

ありがたうー(*´▽`*)
1
元獣医の細胞アーティスト・Ouma(オーマ)と黄色のみじんこ。 世界10カ国13カ所のアートプログラムに参加のアーティスト。SWATCHデザインしたりアルでライターしたり。人と医療と社会を作品でつなげ、遊びに行きたい病院をつくりたい。#アル開発室 #西野亮廣エンタメ研究所

こちらでもピックアップされています

細胞アーティストOumaの創作メモ
細胞アーティストOumaの創作メモ
  • 112本

文章創作とかちょっとした制作のためのメモnote

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。