新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

おうちチャンネル5月号「お医者さんってどんな仕事?ますひろ先生に聞いてみよう」5/16(日)朝10時

おうちチャンネルのはんざわです。昨年春の緊急事態宣言や学校の休校を受けておうちチャンネルのオンラインプログラムを開始してからあっという間に1年となりました。

今回、5月号としてご紹介するのはお医者さんの仕事の話を聞いてみよう!というもの。新型コロナ感染症の影響が続く中でお出掛けスポットの休館や閉鎖も相次ぎ、なかなか新しい出会いがないという声も聞こえてきます。様々な生き方やキャリアの大人との出会いもお子さまの成長を助ける大切な要素ですよね。おうちチャンネルでも素敵な出会いを作れたらと思い、お仕事の話を聞くプログラムを準備しました。

お医者さんのお仕事について聞いてみる

5月号では、様々な職業のなかでも、子どもにも保護者にも人気の職業としてトップにランクインする医師の仕事内容に迫ります。小学1-3年生に理解頂ける内容で準備しておりますが、ご興味があれば未就学児~中学生と幅広い方々にご参加頂けます(※定員は6名程度を予定)。
ご予約は下記coubicよりお願いいたします(リンク先にとびます)

5月16日(日)朝10時から60分のZoomを使った対話プログラムで、ナビゲーターを務めるお医者さんから、お医者さんにまつわるクイズやどうしてお医者さんになろうと思ったのか、お医者さんの仕事は具体的にどんなことがあるのかなどご本人の経験談を通じて、知ることができます。プログラムは対話形式なので参加者のみなさんからの質問ももちろんOKです!

ナビゲーターはますひろ先生

今回のナビゲーターは初登場のますひろ先生です!
外科医として活躍する他、創薬や学生への講義にも携わり、仕事が終われば3人のお母さんとして日々奮闘していらっしゃいます。

画像1

ますひろ先生(増田 紘子)
昭和大学病院 乳腺外科
2003年 高知大学医学部卒業。2012年 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科にて博士課程修了し卒業。2010年 公益財団法人日本対がん協会とThe University of Texas, MD Anderson Cancer Centerが主催するMy Oncology Dream Awardを受賞。2011年- 2013年 MD Anderson Cancer Centerにて postdoctoral fellowとして治療。抵抗性乳癌の研究を行い、2013年ASCO(米国臨床腫瘍学会)より、Bradley Stuart Beller Special Merit Awardを 受賞。2013年-2015年 国立病院機構 大阪医療センター勤務。2015年7月より昭和大学病院 乳腺外科勤務となる。


参加方法の留意点

1.Zoomを使用します!
当記事のリンクからSTORES予約でお申込み後、参加日の前日までに、当日アクセスいただくZoom URLおよびIDをメールでお届けします。メールの文面にあるZoom URLをクリックいただくか、またはZoom IDをZoomアプリで入力すれば、開始時間になりましたらご入室いただけます。
2.顔を見せなくても大丈夫!
当日はミュートでの参加、あるいは画面をオフにした状態での参加も可能です。画面に自分の顔が写っていることが気になるお子さまは、画面上で顔を見せずに、お手元のパソコンやタブレットの脇からのぞくように参加することも可能です。各家庭でご判断をお願いいたします。


今回のプログラムは事前に準備するものは特にありません。その他、上記の説明や案内でご不明な点や、不安な点等につきましては、おうちチャンネル事務局(contact@ouchichannel.jp)までお気軽にお問い合わせください。
みなさんのご参加を楽しみにお待ちしております!

(おうちチャンネル はんざわ)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
「おうちチャンネル」は、自宅でこどもと過ごす時間を楽しく豊かにするWEBサービスです。