yui

夜は小説を書きます。 昼はサラリーマンをします。 noteではたまに短編を書きます。
固定された記事

漫画家の姉について【僕が小説を書く理由】

僕の姉の職業は「漫画家」だ。 彼女は「やりたいこと」を生業にしている。 noteでは、自ら何かを創作している人が多いので、そういった職の人は珍しくもないかもしれない…

「錯覚」(2618文字)

視界のずっと奥の方から、光が放射状に広がっていく。ビームのように放たれた色彩が流れていく中、穏やかな海が揺らめくように人の影も流れていく。真っ暗な闇、光に切り取…

「燃えていた龍」ショート×ショート(3766文字)

わたしは、こんな景色をどこかで見たことがある気がした。 「えぇ?違うよ。ぜったいそんなことない」 手に持っていたスマホを汗ばんだ頬に当て込んで、窓を開くと昼間に…

「旅路」 ショート×ショート(2219文字)

香港での出張を終えたシンジは、雲を眺めていた。きっと、ただの雲ではなく、うんと、空に近い、生い茂るように広がる雲の海だった。地球の向こうから、滲むように揺らいだ…

「方舟」ショート×ショート(1568文字)

ーカラン、コロン。 喉を滑り落ちていく。その感覚だけが、頼りだった。 六畳一間。猫の額ほどのスペースで、俺はほとんどの日々を過ごす。朝から、乱暴に吹き付ける雨が…

「New Generation」ショート×ショート(1063文字)

「師よ。明日の昼に、旅に出ようかと思うんです」   老子の前に現れた少年はそう呟いた。灯に照らされた少年は、過去に現れた若者と何ら変わりがないように思われた。だ…