見出し画像

大人の島留学日記#9 「便利は幸せ?」

はじめまして、刑部湖香(ぎょうぶこのか)です。
現在、大学3年生。IT企業でインターンをしながら、海士町をフィールドに「地域通貨ハーンの活用について」考えています。

私は海士町に移住する前、福岡県北九州市に住んでいました。
北九州市は、そこそこ栄えていて何不自由ないはずなのに、どこかストレスを感じながら生活していました。

海士町で暮らし始めて

海士町で暮らし始めて、
私は北九州市でお金を使うことにすごくストレスを感じていたと気づきました。

海士町には、小さな商店や飲食店がいくつかあります。
店で働いている人は「店員」というより「いつもお世話になっているおっちゃんおばちゃん」という感じです。
また、商店で売られている野菜は知り合いの農家さんが育てた野菜だったり、飲食店で出てくる魚は海士町で捕れた魚だったりします。

画像1

↑朝早い時間に撮ったので開いていませんでしたが、私が高校生の時から通い詰めている脇谷商店です。レジでおばちゃんが話かけてくれます。

画像2

海士町でお金を使うことは、単にモノを手に入れるためだけではなく、誰かの仕事に対してお金を払っている感覚があると思っています。
このような感覚が自分の中にあると、お金を使っているはずなのに何だか心が満たされます。

お金を入れたら自動で切符が出てくる、ジュースが出てくるといった便利さは、必ずしも幸せに直結するわけじゃないんだな〜と感じました。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
また遊びにきてくださいね◎
8
【大人の島留学officialアカウント】 大人の島留学とは、国内外の若者たちへ向けた隠岐島前地域での「1年間限定」就業型移住体験制度です。 ◆島暮らしやまちづくり、グローカルキャリアなどに関心をお持ちの皆さん、働きながら島に滞在してみませんか?