CASE.05 お仏壇のやまき【オトナインターンシップ】
見出し画像

CASE.05 お仏壇のやまき【オトナインターンシップ】

はじめまして、お仏壇のやまきの代表をしています浅野と申します。

みなさんは私たちの社名を見たとき、どんな印象をお持ちになるでしょうか。

きっと名前の通り「仏壇を販売している会社だろう」とお答えになる方が多いかと思います。実は半分正解で、半分間違っています(その答えは後ほど・・・)。

私たちは1964年、静岡市羽鳥で創業し、サイドボード・鏡台の製造からはじまった会社です。その後、1980年に仏壇製造に全面転換し、工場設備の近代化を図り仏壇生産量全国1位になりました。創業期から“本物の心遣い” “過去への敬意” “未来をひらく希望”を念頭に成長を続けてきました。

現在、静岡県内にある7店舗に加え、公式オンラインストアも運営し、地域で信頼される会社になるべく、日々邁進しています。

会議風景03

<抱えている課題>

私たちは年間5万組を超えるお客様にご利用いただいていますが、お仏壇の販売だけではなく、

・仏壇仏具の製造
・自然葬(樹木葬・海洋散骨)

など、供養にまつわる多様な事業を展開しています。

先ほど、社名の通り「仏壇を販売している会社だろう」という回答が半分正解で、半分間違っていると答えた理由。それこそ、現在抱えている課題でもあり、インターンシップを行いたいと決意した理由でもあります。

ライフスタイルの多様化が進み、多くのお客様からのご相談をいただくことが増えたのですが、一方で人材不足にも悩まされています。

具体的には2つの課題があります。

1つ目は、今後新規事業として検討している「樹木葬(自然葬の手段の1つ)」について。私たちが樹木葬を通じて実現したい姿はつい家族や友人を誘ってお墓参りがしたくなる樹木葬。仏教では厳かであることが重んじられる一方、楽しさを追求することはタブーであると考えられてきました。しかし、これからは供養・お墓参りに新しい魅力を加えていきたいと思っています。

それにはつまり、私たち同業界の知見だけではなく、「これまでの供養ビジネスの固定観念のない人」に顧客視点で新しい発想で意見をいただきたい、という点です。

もう一つが、「仏壇のこと・葬儀のことがわからない」と感じながら店舗来ていただくお客様へ、「より商品・サービスの理解が深まる接客対応を行い、かつ省力化できる販促ツールの開発」を行うことです。

これからの課題は、事業の既存の枠組みを飛び越えた発想も必要であるため、ぜひ他業界や他職種の知見を活かし、フラットに意見交換ができたらと思っています。

打合せ風景02

<インターンシップのお題>

上記の課題に鑑みて、2つのテーマを用意させていただきました。ぜひご興味のあるテーマへご応募をお願いします!

1. つい家族や友人を誘ってお墓参りがしたくなる樹木葬のデザイン(新規事業)

2. にぎわいを創出する店舗づくりと接客対応を省力化できる販促ツールの開発


1. つい家族や友人を誘ってお墓参りがしたくなる樹木葬のデザイン(新規事業)

「お墓参り」と聞くとあまり楽しい響きだけではないのかもしれません。私たちは伝統を重んじることよりも、お客様(消費者)に寄り添った内容であれば革新性があることも厭わず実施していきたいと思います。

どんなお墓であれば、どんなデザインであれば、つい家族や友人を誘いたくなるのか?をご一緒に考えていきたいと思います!


2. にぎわいを創出する店舗づくりと接客対応を省力化できる販促ツールの開発

現在、静岡県にある当社のお店(7店舗)には日々多くのお客様がご来店いただいています。おかげさまでたくさんのお客様とお話することができるのですが、「仏壇のこと・葬儀のことがわからない」と感じ、不安に思っている方も決して少なくはない状況です。

普段は私たちスタッフが接客を通してご案内を差し上げているのですが、店をより理解をしていただくため、「より商品・サービスの理解が深まる接客対応を行い、かつ省力化できる販促ツールの開発」を一緒に行いたいと思っています。

例えば、店内POPや店頭でのポスターなど、「お客様目線でこんなものがあるともっと理解しやすい・わかりやすい」と考えるアイデアをぜひ議論できたらと思います。

店内スタッフイメージ男性03

<参加資格について>

・お客さんのことを自分のことのように置き換えるように考える
・静岡ならではの供養スタイルを作っていきたい
・伝統と革新を次世代に向けて発信したい

上記が私たちのポリシーとなります。

本ポリシーに賛同いただける方であれば、経歴は問いません。お気軽にご参加ください!
※応募人数によっては人数を絞っての開催となる可能性があります。

【応募をご検討の方へ】
今回の募集は「兼業」を前提とした採用となります。兼業とは本業(正社員)を持ち、空き時間で働いてもらうことを指します。具体的な働き方は以下を想定しています。

※なお、応募時には応募フォーム欄の「応募動機」に現在の仕事・職務内容がわかるものを送付いただければと思います。

・稼働:月40h(週/10h程度)
・出社は週1程度(出社:3割、在宅勤務:7割)

・時給計算:3000円
・別の会社で社員として働いている人)

※在宅メインのため、静岡県外にお住まいの方も大歓迎です
※本業の兼ね合いもあるかと思いますので、出社日は相談に応じます
※供養関連の仕事に就いている方、経験した方は御遠慮ください

また、インターンシップご参加の皆さまには墓地、販売におけるコミュニケーションとはなにか?についても事前に考えていただけますと幸いです。


<申込〜参加までの流れ>

・サイト内の応募フォームから「お仏壇のやまき」にチェックいただき、フォーム送信をお願いいたします

・その後、社内で検討の上、インターシップに参加いただく方へ個別でご連絡をさせていただきます

・日程候補
11月3日(水)、6日(土)、14日(日)のいずれか1日を予定しています。
※予備日:11月20日(土)、21日(日)

インターンシップ応募はこちらから

応募締切:2021年10月31日(日)

<インターンシップ当日の流れ>

1. つい家族や友人を誘ってお墓参りがしたくなる樹木葬のデザイン(新規事業)

AM:会社の説明・墓地の見学など
PM:自分のアイデアを形にするディスカッション〜発表の場
2. にぎわいを創出する店舗づくりと接客対応を省力化できる販促ツールの開発

AM:会社説明・店舗見学など
PM:自分のアイデアを形にするディスカッション〜発表の場


<代表からメッセージ>

お仏壇やお墓は、故人への感謝の気持ちや家族の想いを形にするものです。

家族の絆を大切にするお客様に対してより確かな提案を行うためには、私たち自身が家族の絆を大切にする生き方であるべきだと考えています。

そのため我が社では、社員が家族と触れ合う時間をより多く持てるよう制度を充実してまいりました。

プライベートが充実するとお客様との対話にもゆとりが生まれ、きめ細やかなサービスや新たなアイデアも生まれます。私たちはこれからも、故人とその家族の「想い」に寄り添い、さまざまな供養をデザインし提供してまいります。

ぜひ、「会社の役に立つのではなく、人の役に立つことが好きな人」、「次世代のために魅力ある静岡等をつくっていきたいと考える人」のご応募を心よりお待ちしています!

社員集合01


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!