見出し画像

盃つまんで Vol.39

太田酒倶楽部

「国立映画アーカイブ」
映画好きの私に欠かせないの「国立映画アーカイブ」だ。
 一九五二年に「フィルム・ライブラリー助成協議会」が設置され、京橋の建物は旧日活本社で映写ホールがあったのが役立った。一九七〇年に「国立近代美術館フィルムセンター」が発足。一九八四年に不慮の火災がおき、その再建中は竹橋の近代美術館講堂で上映を続けた。一九九五年の新スタートは、神奈川県相模原分館に空調低温管理万全の保存庫を新設。京橋は映写ホール、資料室に展示室も加わる。二〇一八年に日本で六番目の国立美術館「国立映画アーカイブ」となった。その目的は(1)映画を保存・公開する(2)映画に関するさまざまな教育(3)映画を通した国際連携・協力。

この続きをみるには

この続き: 1,682文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
好評の「コラム」「フォト日記」に 「オフショット動画」を加えた、太田さんの魅力たっぷりの品揃えです。  お通しの料金で皆さまのお越しをお待ちしております。

全国の居酒屋をめぐり、数多の著作を世に問うてきた 居酒屋探訪家・太田和彦のオンラインマガジン。 毎月2回更新される「コラム」「フォト日記」…

購入済みの方はログイン