おしえてハカセ!~印刷博士と七人の迷える同人女たち~

同人誌をつくるみんなのお役に立ちたい! 印刷に詳しい組木博士がかっこいい本や綺麗に見える原稿の作り方を教えてくれるよ。

おしえてハカセ!~印刷博士と迷える七人の同人女たち~

同人誌をつくるみんなのお役に立ちたい! 印刷に詳しい組木博士がかっこいい本や綺麗に見える原稿の作り方を教えてくれるよ。

すべて見る

手芸店で見つけよう! コピー本に役立つ仲間たち

縫「前回のつらいメールのことですよ……」 組「せっかく作ったコピー本が、お知り合いを含めて三冊しか捌けなかった大学生の方のお悩みですね。いろいろな悩みを解決できる一助になれるといいですね」 縫「そうですね、ただこの方はジャンル自体にも人が少ないということで、三冊は仕方ないところもあるかなってなりますねかなしいけど……。なので、なんとか楽しく作れる方法を考えたいですね」 組「『楽しく本を作る』ってどういうことかについて考えてみたんだけど、『仕上がりがきれいなものを作る』と

スキ
3
有料
300

第二の相談メール「二次創作一年目、コピー本を作るのが怖くなりました」

縫「ちょっと今回は指令があって」 組「はい、今度はどんな印刷の話をしましょうか?」 縫「うちの姉おりますでしょう。縫山同人マシーン1号が」 組「縫山くんのお姉さんは二次創作の小説を書き続けて15年、出した同人誌の数は三桁を数えるという立派な方なんですが、先日縫山くんのお宅に僕はお邪魔しまして、お姉さんからいろいろな同人誌を見せていただいたんです。初対面の僕にいろいろ見せてくださって親切な方でした。縫山くんその節はお世話になりました」 縫「そんなに立派な人間じゃないです

スキ
2

次回予告「教えてハカセ! セカンドシーズン 少部数でもカッコイイ! コピー本の世界」

縫山「はーっなんか思ったより大部数の印刷の話ばっかでますね! 楽しいし勉強にはなりますけど正直こんなん大手だけの話っすよ? ちょっと一緒にコピー本のこととか考えましょ。うち来て姉妹の本でも見ます?」 組木「見たいです! 見たい! あっでもゴールデンウィークのスーパーコミックシティが終わってからのほうがいいのかな。お手伝いできることがあったらお手伝いするけど」 縫山「いやまあその後のほうがいいですけど。なんだろうな、ちょっと罪悪感がわいてきました。組木さんの人生についてです

スキ
3

オンデマンド印刷の現在、そしてこれからできること

縫山「何ヶ月ぶりだこれ」 組木「たいへんご無沙汰しております、ハカセ企画です。前回は僕が歴史の話で壮大になりすぎまして……という話もみなさん覚えてらっしゃるかな……」 縫山「エロ本が聖書みたいな話でしたね。もうエロ本は当分いいです。春コミ皆さんお疲れ様でした。妹の描いたエロ本はよく売れました。ありがとうございます」 組木「おめでとうございます! ゴールデンウィークにも大きな同人誌即売会があるそうですね。僕たちもお役に立てるといいんですが」 縫山「現状速攻でお役に立てる

スキ
4
有料
300