メリー苦しみます? クリスマスも自分らしく
見出し画像

メリー苦しみます? クリスマスも自分らしく

クリスマスの予定を尋ねられて「仕事です」と答えると、「クリスマスなのに大変ですね!」と言われました。いつも通りに仕事していても「大変ですね」と言われてしまうクリスマス。クリスマスらしく過ごすことよりも、自分らしく過ごしたいと思います。

日程調整から外されがちなクリスマス

12月の日程調整をしていると、こんなことがよくあります。

「じゃ、年内に一度ミーティングしましょう」
「ですね! 12月22日以降でどこがいいですか?」
「28日だとお休み入っちゃう人もいるかな?」
「26日はどうですか?
「26日はちょっと…」
「27日は?」
「夜スタートになっちゃいます」
「えーと…」

みたいな感じで、「24日・25日」が暗黙のうちに外されてしまうんですよね。だれかが勇気を出して、

「24日の夕方からにしませんか? クリスマスですが!」

なんて言い出すと、意外に全員が空いていたなんていうことも(笑)。

クリスマスにひとりぼっち的なとらえ方

みんなが集まって楽しんでいるときに、自分だけ仲間外れにされたら、寂しいですよね。僕だったら、素直に寂しいです。

でも、「クリスマスなのに…」となると、それはまた別です。若い頃は、「あれ? クリスマスイブなのに…」とチクッと感じた経験はありますが、「クリスマスなのに(特別な日なのに)」という捉え方はしていません。

クリスマスにカフェに行くと、一人で仕事している人、普通にいます。「街はカップルばかり」なんて言っている人は、カップルを探しているからそう見えるだけです。もちろん、レストランなんかを予約するのは難しいですが、自分が何を意識して街を見ているか次第です。

クリスマスらしくより自分らしく

「クリスマスなのに…」

そんな風に考えても、仕方がないと思うのです。大勢で過ごしたかった人や、恋人と過ごしたかった人は、それに向けて事前準備をしないといけませんが、どうしてもそうしたいのでないなら(世の中がそうだから自分も!というだけなら)、そんなに気にする必要なんてなくないですか?

そんな風に考えていると、本当にメリー苦しみますになっちゃいます。

クリスマスの予定があってもなくても、大事なのはクリスマスらしく過ごすことではなく、自分らしく過ごすことではないでしょうか。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
長田英史(おさだてるちか) / 場づくり®︎で生き方開発

コンテンツが役立った!共感した!という方は、よろしければサポートをお願いします。大変励みになります。noteでの情報発信のために、大切に使わせていただきます。ありがとうございます。

スキしていただけると、もっとがんばろうと思えます!
長田英史(おさだてるちか) / 場づくり®︎で生き方開発
NPO法人れんげ舎代表。「場づくり®」を通して、新しい生き方・コミュニティを創る仕事を25年目。全国で年間講演150本。この分野のパイオニア。自分らしく生きたいあなたをサポートする情報を発信中。著書『場づくりの教科書』☆法人公式note→https://rengesha.com/