見出し画像

明日から使える後輩の扱い方

こんにちは、理系大学生OSAMです。本日も、あなたが抱えるささやかな不安定を応援いたします。

後輩って、可愛くて素敵ですよね。私は全員天使だと思っています。
私は中学校も高校も大学も一年生はめちゃくちゃつまらなかったのですが、二年生以降が天国のようです。理由はただ一つ、後輩ができるからです。どんなに性格が悪くても、どんなに私が嫌われていても、私は後輩全員の全てが大好きです。

今回は、そんな全ての後輩大好きの私から、後輩の良さと私流の接し方についてお話しさせてください。全部真に受けたら変態になるかもしれないので、話半分に聞いていただければと思います。

目次
・後輩に心奪われている度診断!あなたは大丈夫?
・後輩への接し方1|聞かれた時だけ答える
・後輩への接し方2|責任も一緒に任せる
・後輩への接し方3|べた褒め風注意
・後輩への接し方NG例1|行動じゃないところを褒める
・後輩への接し方NG例2|自分が受けた理不尽を受け継ぐ
・まとめ

後輩たちに心奪われている度診断!あなたは大丈夫?

ステージ1(明るい先輩):後輩たちがいると笑顔になる、自発的に奢っちゃう。
ステージ2(経過観察):ふとしたときに現れた後輩たちを目で追ってしまい、にやける。
ステージ3(直ちに入院):何も関係ないのに後輩たちの事を心配し、思い出してにやける。
ステージ4(重症):後輩たちが神々しすぎて後光が見え、失明しかけたことがある。話すと、動悸で胸が痛い。もう助からないのでターミナルケア病棟へどうぞ。

まあ私は余裕でステージ4です。つい最近は、後輩が目の前を横切っただけで、手が震えてスマホを落として割ってしまいました。後輩に割られたと思えば、修理代なんてタダみたいなものですが。

しかし、後輩たちが可愛いことに気づくと、上記のような恐ろしい症状よりも、日常的に得られる幸福感の方が余裕で上回るため、ステージ2以上の方でも心配なさらないで欲しいです。

後輩への接し方1|聞かれた時だけ答える、口は出さない

これは色々な子育て本でも指摘されていますが、人は皆自発的にやる力がありますし、だいたいのことは自分でやってみて初めてきちんと理解できるものなので、口出しはしません。さらに、自分なりのちょうど良いやり方を否定された気持ちになったり、やる気を削いだりしてしまいます。(ところでやる気に満ち溢れている後輩って大変可愛いですよね。)

後輩への接し方2|責任も一緒に任せる

接し方1の発展バージョンで、もう丸投げしてしまうのです。たまに良い先輩ぶろうとして「責任は私がとるわよ」なんて言っている人がいますが、それでは下が育ちません。大失敗して落ち込んでいる後輩を慰めてあげるのが、あなたにできる唯一のことです。(ところで後輩は失敗して落ち込んでいるところも大変可愛いですよね。)

後輩への接し方3|べた褒め風注意

私は後輩に怒ったことがないです(怒れないので)。昨今はお気持ちを大切にする時代、叱り方講座とか色々有りますが、パワハラを訴えられる前に上司が気にしすぎで心を病んでいるという現状があります。
注意するときに相手を否定しなければ大丈夫です。逆に褒めてしまいましょう

後輩が遅刻したなら「もう2時間遅刻、待ちくたびれちゃったわよ♡わざと?」

後輩のやり方が悪ければ「すごいこと思いつくのね♡でも私でもわかる〇〇な方法がいいわ♡」

後輩がやる気なかったら「慎重派のあなたが本気出したらみんな惚れちゃう♡」
引用元:OSAMの日常

と言い換えましょう。超シンプル。
(ところで後輩が遅刻してきたときに感じるソワソワ感は格別ですね。)

後輩への接し方NG例1|行動じゃないところを褒める

行動じゃないところ…例えば容姿、年齢、家柄、経歴などでしょうか。話の入り口としてはいいかもしれませんが、後輩たちを育てていくにはあまり有効ではありません。普段、後輩たちが努力をしているところを見つけて褒めるようにすれば、後輩たちはもっと頑張り屋さんになって、可愛くなっていきます。愛着もわきます。「いつも早くきてくれてありがとう」「よく気がついてくれて素敵」「〇〇のことなら何でも知ってるのね」という、明るい声かけは意識的に行いましょう。

後輩への接し方NG例2|自分が受けた理不尽を受け継ぐ

(いくら後輩が困っているところが可愛いからと言っても)やってはいけません、これは老害確定行為です。自分が理不尽な扱いを受けて苦労していると「自分は努力した」と、勘違いしてしまう傾向があります。努力していない代わりに、思考停止していますね(笑)
理不尽を指摘・改善してくれるキレ者の後輩に恵まれたのなら、新しい仕組み作りを任せましょう。

まとめ

世の中にはこんなにキモい先輩もいるのだ、という注意勧告です。しかし、接し方や接し方NG例については、多少なりとも参考になる部分もあると思いますので、後輩の接し方に悩む人はぜひ、意識してみてください。

後輩とより良い関係を築き、今日より明日、明日より明後日が、生きやすい日でありますように。
OSAM^^

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3
福岡在住 さとり世代です こちらで雑記ブログもしています https://osamstyle.hatenablog.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。