見出し画像

「仲良くなりたい人ランキング」最下位だった彼女と、私の20年物語。

「岡崎に捧ぐ」というマンガが好きだ。
ふとした時に読み返しては、懐かしんだり、笑ったり、じーんとしたり。

画像1

2016年マンガ大賞の10位にもランクインした有名な作品ですが、最近は作者・山本さほさんのTwitterが度々バズってるので、「あぁ!この人のマンガか!」と読み始めた方も多いのでは。

山本さんと岡崎さん

『岡崎に捧ぐ』という作品は、作者・山本さほさん(以下:山本さん)の小学生から社会人までの20年間を描く、いわゆるエッセイマンガだ。

「懐かしい〜!」「あるある!」と共感してしまうエピソードや思春期特有の葛藤など、色々なエピソードを交えながら、山本さんが成長していくを様を見守る物語だ。
そして、その20年を描くには切っても切れない登場人物がいる。

それが、岡崎さんだ。

岡崎さんは、とにかく山本さんのことが好き過ぎる。
天真爛漫で人を楽しませることが大好きな山本さんを尊敬し、出会えたことに本気で感謝している。(↓マンガの中でもこんな調子 笑)

何をするにも山本さんの意見を尊重する。

山本さんが食べたいものを一緒に食べ、
山本さんが行きたい場所に一緒にいく。
山本さんが岡崎さんにイタズラをすれば、
怒るどころかめちゃくちゃ嬉しそう。
好きすぎて、遂には携帯のパスコードを山本さんの誕生日にしてしまう程。

『岡崎に捧ぐ』はラブレター

この作品は、そんな「山本さん大好きな岡崎さん」に捧ぐ、山本さんからのラブレターだ。

ただ、このラブレターは単に好きな気持ちを伝えるだけのものではない。

理解出来ないことはわからないと正直に伝えるし、
昔は気づけなかった岡崎さんの気持ちにも逃げずにきちんと向き合うし、
岡崎さんがいない時間や、他の登場人物にも愛情(や皮肉)をたっぷり注いで描いている。

でも、結局は全てが岡崎さんへ捧ぐラブレターに必要な要素だったと、
読み終わると気づかせてくれるのだ。

そんな『岡崎に捧ぐ』の1話目を、まずは見て欲しい。

この第1話を見てもらうとわかるが、最初、山本さんがクラスで仲良くなりたい人を順番に並べたら最下位にいた人は岡崎さんだった。
そんな岡崎さんと山本さんが、どのように仲を深めて来たのか、その過程をコミカルに、時にシリアスに描いている。
笑って泣ける、そんなラブレターなのだ。

好きなエピソード

『岡崎に捧ぐ』は単体エピソードも多いので、どこから読んでも楽しめるのも好きなポイントである。いくつか好きなエピソードを紹介する。

おもしろエピソード】
第20話「森と罰」

山本さんの幼馴染「杉ちゃん」と、岡崎さんと一緒に遊ぶ山本さん。
そこに優等生の森君も加わることになって・・

森君のこの解放っぷりが大好き!!

【懐かしエピソード】
第15話「森は無くても冒険はできる」

岡崎さんと山本さんが、二人で遠くまで冒険するお話。

随分遠く来てしまったと、高揚感と不安が入り混じったこの感覚。
こんな時だからこそ話せることがある。その感じめちゃわかる。。
大人になったら"たった"二駅分の距離も、この頃は大冒険の距離だったなあと、自分も昔友達と同じことをしてたので、共感具合がすごかった。

【涙のエピソード】
第23話「親友はひとりだけ」

とにかく読んで欲しい。このエピソードは好き過ぎて何度読んだことか。

やばい。なんなら心当たりがあるんじゃないかというくらい、リアルな感情で胸がいっぱいになる。
本当は大事な友達なのに、周りの目や、新鮮で甘美な世界に目が眩んでしまって、少しおざなりにしちゃうというか、蔑ろにしてしまうこの感じ。。
あの祭りの途中で岡崎さんとでくわすシーンや、帰ってから岡崎さんへ電話するシーン。
岡崎さんの気持ちで読んだり、山本さんの気持ちで読んだりと、気持ちを行き来しながら読むから心がかき乱される 笑
この話で、より一層二人のことが好きになった。

他にも色々好きなエピソードがあるが、ぜひ本で読んで欲しい。
4巻、5巻が個人的にはすごく好きなので、最後まで読んだ人と、ぜひ一緒に感想を語りたい。

君に笑ってもらえればそれでいい。それがいい。

そんな山本さんから岡崎さんへ捧ぐラブレター『岡崎へ捧ぐ』は、一言でまとめるとこんな言葉が似合う。

「岡崎さんが笑ってくれるから、私は頑張れるよ。だから、これからもとことん笑わせていくね。」

どんな時でも山本さんを肯定し、励ましてくれる岡崎さん。
そんな"変わらない"愛情に、山本さんは悩んだり落ち込んだりした時、背中を押してもらえた。

だから、自分ができる表現で、自分の持てる愛情を、精一杯伝えたかったんだろう。

これからも、二人の笑顔が絶えない、そんな日常であることを願っている。

*********





この記事が参加している募集

私のイチオシ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、日々の気づきを増やす為の活動資金としてありがたく使わせていただきます!

その1クリックが嬉しい!
9
日々をエンタメに。【work】コルク /けんいち / コーポレートブランディング 【love】音楽 / マンガ / 餃子 【place】コルクラボ 7期 / オリバー / 家族 【activity】Twitterで #毎日一曲 好きな曲を紹介。

こちらでもピックアップされています

コルクの好きのおすそわけ
コルクの好きのおすそわけ
  • 13本

コルク社員の好きなコンテンツを紹介するnoteです。マンガや映画、アニメに小説まで、幅広く紹介します。ぜひご覧ください!https://corkagency.com/about

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。