見出し画像

備忘録⑦

「分身ロボットカフェ」最終日の出来事。

2019年のカフェの準備段階で僕は「フロアマネージャーをしませんか?」とオリィ君側から提案された、ケガをする前の飲食店勤務の経験を見込んでの事だった、リーダーシップをとる、そんなタイプではないので断ろうとも思ったが

「オーダーを聞いて配膳するだけではない別の色々な役割が作れるかもしれない」

と思い挑戦する事にした、カフェのテーブルにあるOriHimeとは別にテーブル全体を見渡せるOriHimeが1台設置されて配膳などをするOriHime-Dや各テーブルに設置してあるOriHimeなどに指示をしていく司令塔のような役割、接客だけではない役割ができた、カフェ期間中僕は主にこの役割やシフト作りなどをしていった、パイロット仲間やスタッフの方達の協力もありなんとかこなす事ができた。
そして備忘録⑥にも書いたとおりカフェ最終日に生身で現地に行く事ができ、そこで共和メディカル(株)の社長に直接雇用契約書を受け取り、さらには島根県にいるパイロット仲間のふーちゃんが乗ったOriHime-Dで花束をもらいみんなからお祝いしてもらった。
雇用契約を結べたのも「分身ロボットカフェ」で仲間が協力してくれたおかげであり、こんなに充実して嬉しくなったのは久しぶりだった。

【指示役のOriHimeからの風景】⬇️

そして年明けの2020年1月には渋谷スクランブル交差点のWIREDカフェという実際のカフェで実際の店舗で、実際の店員と協力して働けるか?という実験の実施と共和メディカル(株)での仕事のダブルリモートワークが始まる。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
OriHimeパイロット-山﨑タクヤ-

よろしければサポートお願いいたします!今後の活動に活かしていきます!!

スキありがとうございます!!
3
島根県在住の山﨑(ヤマサキ)です。現在35歳。2014年に事故で脊椎損傷で寝たきりに。2019年11月より共和メディカル(株)でOriHimeを介して勤務中。【仕事】Patisserie natura、hi-cheeseでスイーツ販売/大学・専門学校で臨時講師/広報活動