見出し画像

ビジネスセンスを身に付ける(後編)

この記事を読めば「ビジネスセンスの発揮方法」と「ビジネスセンスのフレームワーク」を理解できます。

前回の「ビジネスセンスを身に付ける(前編)」を読まれてからをオススメします!

それでは始めていきます!

■ビジネセンスをどう発揮するのか?

例を挙げて見ていきます。

ある広告で「誰でも分かる簡単マーケティング!」とあったとします。

これは「One Step Ahead (1歩先を見越した思考法)」で、以下のような「1歩先のイメージのネガティブを解消」する広告です。

ビジネスセンス2.001

これは「2歩先を読めていない」ので「ビジネスセンス」はありません。

それでは「Two Step Ahead (2歩先を見越した思考法)」ではどうなるか?

「2歩先を見越した広告」はこちらです。

「おばあちゃんでもできるマーケティング!」

まず「情報(簡単)」を伝えたいなら「共感」を伝えることが重要です!

「共感」を伝えて「イメージ」として記憶化させます。

おばあちゃんの「共通イメージ」はこのような要素があります。

名称未設定.002

この「おばあちゃんの共通イメージ」「マーケティングの共通イメージ」「脳内発火」に繋がり「感覚と記憶を刺激」します!

名称未設定.003

これにより「感覚と記憶が刺激され、記憶に残りやすい広告」なります。

現代の市場は「比較の時代」なので「記憶に残らないと買ってもらえない時代」です。

なのでこうした「脳内発火」のある情報はとても有益なのです!

■ビジネスセンスのフレームワーク

ここからは、ここまでの内容を実際に実行するフレームワークを理解していきます!

フレームワークは「VCIM」です!

名称未設定.004

簡潔に内容をまとめたのがこちら。

名称未設定.005

「V」では「マーケティング・唐辛子」のように商品・サービスを言語化します。

「C」では、カスタマーが商品を見た時に「何を想像しているか?」「One Step Ahead (1歩先を見越した思考法)」で考えます。(マーケティング➡︎難しい、唐辛子➡︎辛い)

「I」では『C』についての共通認識・ネガティブを「One Step Ahead 」で「改善・解決を加えて言語化」します。(簡単マーケティング、激辛唐辛子)

「M」『I』の言い回しを「比喩を交えた共感できる表現」に変換します。(おばあちゃんでも分かるマーケティング、汗が滝になるダイエット唐辛子)

名称未設定.006

この様に1つの言葉を変えるだけで「全く違った印象」を与えることができます。

これが「ビジネスセンス」です!

またこの「VCIM」を「ストーリーテリング(Story Telling)」で伝えられるとなお良いです!

■まとめ

・「情報(簡単)」を伝えたいなら「共感」を伝える!
「共感」を伝えて「イメージ」として記憶化
「脳内発火」によって「感覚と記憶を刺激」
「比較の時代」は「記憶に残らないと売れない時代」
フレームワークは「VCIM」
「VCIM」で「全く違った印象」を!

ここまでで「ビジネスセンスを身に付ける(後編)」は以上です!
MUPカレッジで学んだ内容のアウトプットです。
最後まで読んで頂きありがとうございました!

【オススメ関連記事】

ビジネスでのデザインスキルとは?

MUPカレッジとは?

3. MUPカレッジ「うさぎさんクラス」参加・入会方法


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

嬉しいです!よろしければシェアもお願いします^ ^
21
中村 晋(Nakamura Shin) ■MUP/ウサギクラス ■学びをシェア ■人生一度きり、自分で歩ける人生  ■Instagram https://www.instagram.com/_shin_nakamura/?hl=ja

この記事が入っているマガジン

MUPで学ぶ事業設計方法
MUPで学ぶ事業設計方法
  • 11本

このマガジンを読めば、無料で『最前線のマーケティングスキル』『事業設計・企画方法』を学べます。 「MUPカレッジのウサギクラス」で学んだ内容をアウトプットしたマガジンです。 「国も会社も頼れないこれからの時代」を、力強く生き抜く為のビジネススキルが学べるので、ぜひご覧ください! お金を払ってでも学びたい情報を、全て無料で公開しております!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。