見出し画像

コトリ会議・8

あらすじが発表されてました。

ヒトが”二つめの月”をつくり、本格的に光り出す3日前の物語。
“二つめの月”の光は生命体の疲れをとり、ヒトは眠る必要がなくなるのです。意識が覚醒し、潜在的な能力が表出し、感性が研ぎすまされます。その環境によって、目を凝らすと死んだ人、幽霊ですら見えてくるのです。

だそうですよ。これは一見・死生観がテーマに見えるけど、死を描くことで「生きるとは何か」に尽きる思う、僕の個人的感想だけども。死に様は生き様ありきだから。


画像2

すんばらしい台本を書かれた山本さん。

画像3

久しぶりに会った甥っ子が照れてる時にするポーズで演出する山本さん(右)。

画像4

胸元にクッキーが描かれたパーカー着ている演出助手の要さん。と、後ろで世良公則のモノマネをしている牛嶋さん(右奥)。

世良公則

画像5

画像1

◆コトリ会議『セミの空の空』

作/演出:山本正典

【神戸】2019年11/15(金)〜18(月)
KAVC FRAG COMPANIY
神戸アートビレッジセンター◆ ご予約

【東京】2019年12/11(水)〜16(月)
こまばアゴラ劇場 ◆ ご予約

【久留米】2020年1/18日(土)〜19(日)
久留米シティプラザ ◆ ご予約




定期購読マガジン登録してくださってる方々に心より感謝。日々のnoteは勿論、野村有志(オパンポン創造社)の本丸・演劇活動の背中を押して貰えます。ありがとう。心からを改めて。

この続きをみるには

この続き:0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
野村有志の日々のこと。今後の活動など一足お先にお伝えしたり、劇作イベントの振り返り記事等々【マガジン限定記事】を載せていきます。宜しくどうぞ。

「1日約15円の記事(月額480円)」マガジン購読者になると、基本的に毎日更新される記事(無料記事含む)の他にマガジン内に収録される"...

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

スキを押して下さる方にまずは感謝を。その1つ1つが次への原動力になります。ありがとう。野村有志(オパンポン創造社)

感謝!大大吉!
4
オパンポン創造社主宰・脚本・演出・役者☆ CoR ich舞台芸術まつり!2018グランプリ作品「さようなら」大阪東京無事終演!総動員1231名!2019年 門真国際映画祭 舞台映像部門 最優秀作品 / 関西演劇祭優秀脚本賞優秀演出賞受賞
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。