大矢剛大@ブレーンバディCEO
好きで入った会社なのに、苦しんでいる営業パーソンを無くすため、会社を立ち上げます。
見出し画像

好きで入った会社なのに、苦しんでいる営業パーソンを無くすため、会社を立ち上げます。

大矢剛大@ブレーンバディCEO



「営業という仕事は、上司によってパフォーマンスが大きく変わる」

はじめて自分が上司という立場となりチームを持つときに、当時の上司に言われた言葉だ。初めて部下のできる自分に発破をかけるために言ってくれた言葉だと思った。自分も「部下のためにしっかりしなきゃ!」と思えた。しかし、この言葉の本当の意味がわかったのはもうすこし後のことだった。

自分の新人時代の話に遡る。いま思えば、自分はすべての上司に恵まれすぎていた。

当時の上司は、とても厳しい人だった。ただ、その厳しさには、深い愛情があった。自分自身の性格や思いをしっかり理解してくれて、その上で、自分を一人前の営業マンに育てようとしてくれた。仕事のイロハはもちろん、大切な心構えなどを、懇切丁寧に教えてくれた。最高の見本が近くにいたおかげで、自分の成長速度はみるみるうちに上がり、早い段階で高い成果を出す営業になることができた。

まさに「その人がいなかったら今の自分がいない。」という状態で、自分の恩師とも言える上司。そんな出会いは、ラッキーすぎる配属だった。

しかし、自分のように恵まれた人がいる側面、そうでない人もいるのが現実だ。というより、そういう人の方が多いかもしれない。

忘れられない経験がある。

以前、勤めていた会社では、同じ事業部に入る同期が数十人いた。内定者の研修や懇親会を経て、入社前から同期とは仲良くなった。本当にみんな優秀で、会社が大好きだ。何かを成し遂げる。という熱量が高いメンバーばかりだった。

そして、いざチームが発表されて楽しみにしていた仕事がスタートすると、最初の3ヶ月で少なくない同期が休職や退職をしてしまった。休職や退職に至った同期たちに意見を聞くと、「上司が仕事を教えてくれない。」や「言っていることの意味が分からない。」など育成の壁にぶち当たっていた。熱意は空回りし、頑張っているのに全然成果が出ないなど、ノウハウを知らない自己流の限界に。同期たちが、苦しそうにもがいている予兆はあった。

自分は”偶然にも”上司に恵まれていた。その一方で、同じ志を持っていたはずの仲間たちはたちまち去っていった。

この悲劇は、自分の同期だけの話ではなさそうで、周りを見渡せば一般的に起きていることだった。

上司との相性だけではなく、結婚や出産によるライフスタイルの変化。会社の決定による転勤。家族の介護のための時短の働き方。

そんな自分ではどうしようも無い事で、活躍の機会が失われていくことがとても沢山ある。

自分はこれまで人材採用領域を生業にしていたので、経営者や人事の責任者の方と話す機会が多い仕事柄、こういった“早期の離職”の話は毎日のように聞いてきた。こと営業組織には、特によくある話だった。

しかし、こんなの「よくあること」でいいわけがない。


好きで入った会社だ。誰にでも活躍する権利がある。


誰だって、その会社そのものが好きだったり、商品が好きだったり、入社する時はこれからの自分の活躍にワクワクしているはず。

ただの“運”のせいで、その権利がなくなってはいけない。誰もが頑張ればパフォーマンスを発揮できる機会をつくりたいと思った。
配属部署や、上司、働く場所、働ける時間などの環境要素で、成長速度が変わるとか、パフォーマンスに差が出るとか、早期に離職してしまうとか。そんなお互いにとっての不幸せをなくすために。誰もが同じように最短で成果を出す営業人材になれるサービスをつくるために、自分は今年の4月、会社を立ち上げた。

スクリーンショット 2022-01-21 11.56.51

私たちBrainBuddyは、環境によってパフォーマンスに差の出ない営業人材を育てることを実現するために、ナレッジシェアや人材育成に悩みを抱える営業組織に対して、営業力を底上げするためのサービスを展開していく予定です。
それにより、個人にとっていち早く能力を高めていいキャリアを歩めるし、会社にとっても成果につながる優秀人材を確保できる。上司のマッチングによる離職も減らすことができて、人材難の新たな打ち手にもなると思う。

話を最初に戻す。

「営業という仕事は、上司によってパフォーマンスが大きく変わる」という言葉を胸に刻み、チームを持った自分が初めて上司という立場になった時に、悩んだ話だ。

実際に組織を持つ立場で業務をはじめてみたが、自分は中四国の9県で13人のメンバーをマネジメントしていた。

そこで、距離の遠さや自分自身のレベルの低さで伝えられることの少なさに苦しんだし、伝え方が分からず苦しんだ。しっかりしないと、という気持ちとは裏腹に、メンバーを苦しませてしまっていた。

自分は営業スキルに関しては一定自信を持てるレベルになっていたが、人を教えることに関して、プロになっていなかった。しかし、メンバーにとっての先生は上司である自分しかいなかった。メンバーからすると、自分という上司によって学習と経験の機会が大きく変わってしまう。まさに、上司ガチャはこういう構造で起こっているのかと自分の存在を以て体感した。

「営業という仕事は、上司によってパフォーマンスが大きく変わる」の意味はしっかりとわかったが、その結果として自分は上司としてどうすれば正解だったのかは、わからないままだったし、誰も教えてくれることはなかった。

そんな苦い思い出に向き合いながら「こんなサービスがあったらよかった」と当時の自分が言えるサービスづくりを、これからしていきたいと思います。

教えて貰いづらい環境にいる新人。子育てのため働く時間を減らしたパパママ。家庭の事情で遠隔でしか働けなくなった方々。

そんな人たちが、自分の好きな会社で活躍できる社会を創っていきます。


株式会社ブレーンバディ 大矢剛大 <https://twitter.com/YoshihiroOya>

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
大矢剛大@ブレーンバディCEO
ブレーンバディという会社でセールステックのSaaS事業をしております。 一人でも多く、パフォーマンスを発揮できる機会を提供し、才能と努力が報われる世の中をつくります。