見出し画像

ポッドキャストをハックするヒントとアイデア

これはまだまだブルーオーシャンであるポッドキャスト領域で、マネタイズ手法が今後更に確立していくまでにコンテンツでトップランナーでいるためのヒントとなるメモです。

自分自身がポッドキャストをやっていて気付いたことも含め、どんな部分に気をつけるべきか、そして具体的にどんなコンテンツを扱えばいいのかまとめました。

私自身が持っている全てのアイデアを実行に移せるリソースとスキルはないため、事業としてポッドキャストを扱う方やマネタイズも視野に入れてポッドキャストをしている方へ主に読んでほしいです。

ちなみに私がやっているポッドキャストはこちら↓
https://open.spotify.com/show/7bHS36OcS9UtTEd1t9nhkR

ポッドキャストの性質

同期的なインタラクションが発生しない
リスナーが再生中にコメントして交流が生まれるといった同期的なインタラクションは一切発生しません。非同期かつ一方向なメディアです。

コンテンツの認知・理解・判断に要する時間的コストが視覚よりも圧倒的に高い
視覚情報と違って時間あたりのコンテンツ認識量は少ないです。140字の文章を視覚で理解しようとしたら数秒で終わりますが、音声の場合は数十秒かかります。

可処分時間を大きく奪わない
いわゆる「ながら聴き」ができます。何かをしながら聴くという行為ができるのでコンテンツ消費の手段として障壁が低い傾向にあります。

合成音声よりも人間による音声の方が継続視聴されやすい
popIn株式会社とハフポスト日本版による調査によると人間の声の方が52%も長く聴取されていたことがわかっています。必然的に人間による発話が大事です。

ポッドキャストに影響を与える要素

BGMおよび音楽
BGMがないと無機質感がやや出ます。

効果音やジングル
効果音やジングルで世界観を表現したり、より状況をわかりやすくしたり、没入感を増幅させることができます。

声質
声質はコンテンツを無視してそれさえ良ければリスナーを獲得できうるポテンシャルがあります。

話し方
日常会話での話し方そのままだとポッドキャストで聞いていて苦痛となりうる場合もあります。

言い回し
意味をパースしにくい単語を使って話すとリスナーは話していることの解釈にストレスを感じます。

間合い
必要以上に無音であったりすると違和感およびストレスの原因になるためよく編集ソフトでカットする対象になります。

音質
音質が悪いとリスナーの大きなストレスとなります。30分以上もくぐもった音声を聴くのは思っている以上に苦痛です。機材にはお金をかけましょう。

段取り(脚本)
コンテンツが多少良くても話す段取りがめちゃくちゃだと結局何を言っているのかわからなくなります。

スピードおよび長さ
早口で話したり必要以上に遅いとリスナーはストレスを感じます。また60分以上は離脱する可能性が高くなります。

ポッドキャストで成立するコンテンツ

この続きをみるには

この続き:1,692文字

ポッドキャストをハックするヒントとアイデア

オオカワラ

1,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートは今後のインプット/アウトプットのために使ってまた皆さんに還元します!

よかったらシェアしてね!
2
UI/UX Designer at HERP, Inc.
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。