見出し画像

フリーランス2年目、生活に芯を通すためにコンビニでアルバイトをはじめた

自由とは、想像していたよりも遥かに重いものだった。

その重さに耐えることができなったぼくは、破綻寸前の生活を整えるために、週3日コンビニでのアルバイトを始めた。フリーランス2年目のことだ。

* * *

「自由な生き方」や「時間や場所にとらわれない働き方」がホットワードとなった今日、フリーランスやリモートという形態で働くことに憧れる人は多いそう。ぼくは社会人経験がないままフリーの道に迷い込んでしまったので、どれだけの社会人がソレに憧れるのかはわからない。

ただ、こんなぼくにでさえ独立についての相談が来るくらいなので、やはり世間の独立熱は徐々に高まっているのかもしれない。

旅をしながら仕事をしたいって?引きこもりのぼくに聞かれてもなあ……。え、新卒で就職せずにフリーランスになりたいって?中卒のぼくに言われてもなあ、やってみればいいんじゃないですかね……。

はて、場所にとらわれない働き方って、そんなに良いものだろうか?時間にとれわれない働き方って、そんなに魅力的なのだろうか?

「自由」って、本当にそんなに素敵なものなのか?

* * *

ぼくは、自由の重さに耐えられなかった。

場所も時間もすべて自らの裁量で決めなければならない働き方は、思っていたよりも強いメンタルを要する。これは後になってわかったことだ。膨大なリソースを使いこなすことができず、日に日にすり減ってゆくのを実感していた。

そうして、ジワジワと生活は狂ってゆく。

気がつけば、日没とともに目が覚めて、朝日とともに床に就く生活になっていた。太陽から逃げるような暮らしの中で、心身はひどく疲弊していった。

当たり前だ。

毎日同じ時間に起きて、同じ服を来て、同じ時間に家を出て、同じ道を通って、同じ場所に向かい、同じ時間に帰路につく。学生時代、あんなに嫌だった数々のルーティンが恋しかった。意志薄弱なぼくでも自由に生活できていたのは、不自由さがあってのことだったことを悟った。

きっと、不自由なくして自由はないのだ。

* * *

そんな生活を続けてゆくうちに、このままだと若くして死ぬのではないか、そんな恐怖に襲われることも増えた。そんな恐怖をどうにかかき消そうと、ドクターショッピングをはじめる。

負の循環。キャパシティオーバーな自由は人を狂わせるのだ。

自由を乗りこなすだけの器量が、ぼくには決定的に欠けていた。好きなときに好きなことができるなんて聞こえは良いが、徹底した自己管理なき「自由」の先に待っているのは破滅だ。

無気力、過集中、無気力、無気力、過集中……。

アンバランスな生活の中で、あるときプツンと糸が切れたように動けなくなった。秋口のことである。

* * *

そんな生活を抜け出すために、アルバイトを始めた。

今日はその初日だ。

強制力なくして生活を正すことができないのは、これまでの失敗の数々から学んでいた。とにかく外に出る口実が、人並みの生活を送らなければならない動機が必要なのだ。

時給900円。きっとお金を稼ぐためだったら耐えられなかったかもしれなきが、今のぼくにはどうでもよかった。生活に芯を通すためのバイトだ。

これからぼく自身がどう変化してゆくのか、楽しみでありほんの少しだけ心配でもある。経過は、またここに綴ろうと思う。とにかく悲観的にだけはならぬように気をつけよう。

よければスキやフォローください。元気になります。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、いざという時の生活費に充てさせていただきます

これからも温かく見守ってほしいです!
112
千葉でフリーランスのライター/編集者をしています。おかげさまでフリーランス3年生になれました。noteでは有益なことは何ひとつ書かず、極めて個人的なことを書いていきます。お仕事のご相談はツイッター→ https://twitter.com/onota_9 のDMまでお願いします。

こちらでもピックアップされています

仕事・ビジネス
仕事・ビジネス
  • 59本

お得な情報やビジネスに役立つnoteです。

コメント (2)
バイトだいすき!!! おのたくだいすき!!!
一歩を踏み出したんですね!
すごいです!
フリーランスは自由が効きすぎるぶん
行動と決断、そして継続が大切です!
お互いにやれることをやっていきましょう〜!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。