「血液事業の現状 平成30年統計表」を見た。(追記あり)


困惑、という感情が強く伝わってきました。


一方、自分は、あの対立に失笑でした

『「宇崎ちゃんは遊びたい」の献血PRポスター』が、最初から万人受けを狙ってはいない事は、間違いないです。
ちなみに、ああいう体形の方ならば、実力のある声優さんで二、三名。
(あの手の献血プロモは、昔たまたまやってみたらなぜか成功したから、、、という惰性で続けている側面が強い。)

で、献血する人とはそもそも、どういう人たちなのか

気になった。

ちなみに、自分は、(日本では貴重な)Rh-の血液型。高校生の頃に初めて献血。理由は物珍しかったから。その後、「Rh-の血液型」の会から封書で協力を求められた。

しかし、その後、投薬治療を始めるに至ったため、今日に至るまで二度目の献血が出来ないまま

それだけに猛烈に気になった

なので、日本赤十字社のサイトで「数値で見る血液事業」を見つけた。

そこに、「血液事業の現状 平成30年統計表」があった。

なので、読んでみた。

献血する人の男女比

  対 

献血拒否される人の男女比

 一 対 二

400ml血小板では、男の比率が更に高い

献血ルームと献血車が、ほぼ等しく主力。

………………

我が伯父の一人(男性)は、献血を繰り返した結果、日赤から表彰されたことがある。

一方、血色素が薄いから、と献血を拒否された者(女性)も身内にいる。

………………

(医学的な因果律の分析は差し控えるものの、)

フィジカルな差データの差として現れ、データの差マーケティングに現われた。。。というケースなのかもれしれない。

献血できる人かどうかの基準厳しい(自分は一番上の項目で弾かれる。服薬中……)。

献血できない人が多い現代数少ない「カモ(主にオス)」を繋ぎとめる必要に迫られているのだろう。日赤さんは。

その後、

に以下のコメントを記した。

この続きをみるには

この続き:239文字

「血液事業の現状 平成30年統計表」を見た。(追記あり)

舶匝(はくそう)

1,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

馬弓の 正射必中 に感涙
12
次の #親知らず は三本目、学位は二つ、筆ペンは一本。#俳句 「#もうこりごりら 宮線を添ふ母校まで」 俳号は「舶匝(はくそう)」海っぽいけど、金槌。 目指す先は、頭の中で組み立てる抽象画 #Catholic #倹約家 #脱原発 #再生可能エネルギー English French
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。