Soeruのコンセプト本気討論【おにざわの独り言】
見出し画像

Soeruのコンセプト本気討論【おにざわの独り言】

おにちゃん(Soeru)

↑先に読んでね。

こちらは定期有料マガジン購入者の方限定のnoteです。内容は「ブランドコンセプトの再構築」。

僕のnoteをいつも読んでいるのに、まだ定期購入していないあなた。

そう、あなたです。

はやく来てください。
必ず損はさせないし、今こないと初期メンバーにはなれないですよ。ぜひ、「僕からの感謝」を今のうちに買ってください。

僕は受けた恩は、倍以上にして返す男です。


では、普通なら見ることのできない、スタートアップ企業のコンセプト再構築、スタートです!


【↓まずは学び、噛み砕く。】

コンセプトを再構築するためには、WHOとWHATを考え直す必要があります。

学び先は、株式会社 刀です。最高の会社ですね。調べていて、鳥肌たちました。

出典:NewsPicks(YouTube)×株式会社刀


今日、考えたいのはこのWHOとWHATです。

これは僕を含む多くの人が、だと思いますが、HOWを考えすぎちゃうと思うんです。それも何もする前から。そして続けている過程でも。

例えば、僕ならば「花束で〜」が先に来てしまうとだめなんです。WHOとWHATがあってこその「花束」というHOWがあるだけなのです。


簡単に言うと、「花束で〜」の状態は、目的と手段が入れ替わっている状態ですね。


つまり、WHOとWHATを決めておくことがマジで大切です。
これは、会社としても個人としても、です。(特にWHATが大切だと思う!)

【↓Soeruでは?いや株式会社Oniqueでは?】

もう少し、例をお借りしましょう。


これは、同じ出典上にある、「ぷらす鍼灸院」さんのWHOとWHATの再構築です。

これが、ぷらす鍼灸院さんが施術をする目的となります。これがブレてはならない。

いや、むしろ、このWHATを叶えるためには様々な手段があるんです。つまり、どんな事業をしても最後にはWHOとWHATにつながるのであれば、それが会社の統一感になっていく。

だから、ディズニーは遊園地だけじゃなくて、ホテルも電車もできるんですね。


今日は、ここを考えます!ぜひ、一緒にいきましょう!
まだ、頭の中はまとまっていません!


(昨日、友人と話していて、noteのアプリでは定期購入有料マガジンは変えないみたいです!GoogleもしくはYahooで下のリンクを検索してみてください。https://note.com/oniken22 )


【↓ここからが面白いとところ。僕の頭の中】

この続きをみるには

この続き: 2,586文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
「ブランドを0から創るSoeruの裏側。」

Soeru研究室は、ブランドを0から創ろうと、奮闘するSoeruの裏側や、表には出していない過去と鬼澤だけが思い描く未来を共有する現在進行…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
おにちゃん(Soeru)

「頑張るあの人に、かたちある応援を。」をコンセプトに、Soeruという花束屋さんを運営しております。 皆さまからのサポートは、挑戦しようと未来に一歩踏み出した誰かに届く花束のために大切につかわせていただきます。 ぜひ応援よろしくお願いいたします。

いつも応援ありがとうございます。明日も書きます!☺️
おにちゃん(Soeru)
株式会社Onique / 鬼澤健汰 / 23歳 / コンビニのゆで卵制覇 / 「面白い!」の声を目指して毎日note / 有料マガジンは「やばい!」を共有したくて月〜金 /Instagramで企画中の「真友のブログ」はこちら☞https://note.com/mayu_fleur