見出し画像

サウナ体験レポ 『かるまる@池袋』

昨年末に池袋にオープンした新サウナ施設「かるまる」に行ってきました。

画像5

出来たばかりということもあるが、とても綺麗!!

ビルの6階が受付。まずはここで館内着に着替える。

平日の12時頃はさすがに空いていました。


7階は休憩室のフロア。ちょっとお風呂に入る前に7階に寄ってみます。

画像1

画像2

いわゆる漫画コーナーと、その脇にリクライニングが並ぶエリアがあるんですが、この導線だけでもこの洗練さ!

画像3

漫画の棚の間には個室のゴロゴロスペースもある。(このあとここで爆睡しました。)

画像4

あと、うっかり写ってしまったんですが、女性の従業員さんの衣装が可愛い。薄着の館内着でこの人達と接して大丈夫なのか不安になります笑


いざ、9階の銭湯へ!

(9階はさすがに写真が撮れないのでネットに落ちてる画像を引用します。)

かるまるの特徴は4つのサウナと3つの水風呂!

画像6

まずは岩サウナ。かるまるで1番大きなサウナスペース。30人くらい入るのかな?ここでアウフグースのサービスを受けます。

僕は15時の回に参加しました。13時頃にはガラガラだったはずなのに、気づいたら超満員で、男共がひしめき合いながら熱波を食らいました。

この岩サウナ、普段はそこまで暑さを感じないんですが、ロウリュが始まるとめちゃくちゃ体感温度が上がって、2周目あたりで火傷するんじゃないかというくらいの温度になりました。一気に汗が吹き出て爽快です。


2つ目のサウナがこのケロサウナ。

画像7

「ケロ」という稀少な木材で作られたモダンな仕様。テレビもないので静かで、セルフロウリュも可能。
こちらもロウリュをすると一気に体感温度が上がってかなり暑い。静かなのと、木材の香りが心地よく、瞑想に入りやすい感じ。

ただ人数も10人くらいしか入らないので混雑してるとちょっと辛いかも。


3つ目が蒸サウナ

ダウンロード

これに至っては立って4人くらいが限界。というかほとんどお一人様用。

誰かが入ってきたら気まずくて外に出たくなる。

体感的にはすごい湿度が高くてあっという間に汗が出てくる感じ。あと木材の良い匂いがする。肉まん気分。

あともう一つ薪サウナというのがあったんですが、工事中でした。また次回。


そして大事な水風呂がなかなかユニーク。

画像9

サンダートルネードという名の水流水風呂。温度が9度くらいで通常でもだいぶ冷たいんだけど、さらに流れるプールのような水流がぐるぐる渦巻いていて、いわゆる水風呂中にできるあの「衣」を常に剥がされる感じで強烈に冷たい・・・!(1分くらいが限界でした)

ここでだいぶ身体をビリビリさせた後に隣にあるのが「やすらぎ」という名の25度くらいの水風呂。こっちはもはや隣のを入った後だと温かく感じるレベル笑

画像10

これがとても良かった。ここまで極端な暖寒でバグらせた身体を見事に整えてくれました。

その後に、屋外のチェアで寝てたらだいぶキマってました。


ダウンロード (1)

あととても良かったのが、(写真が小さくてなんとも言えないんですが)このマス風呂(画面奥の木のやつ)と岩風呂。

このエリアに来ただけでブワ〜っと薫るヒノキ科の高級木材『青森ヒバ』を使ったマス風呂。ほんっとにいい匂いがして癒されます。

その横にある岩風呂は温度が37度くらいでほぼ体温。不感の温度というやつで身体に全く負担がない。ずっとだら〜っと入っていられてとても良かったです。


という感じで7時間くらい満喫しました。期間限定で無料で会員募集してたのでちゃっかり会員にもなり。

サウナ、やっぱ空いてるかどうかが大事なので平日に行くのが良いね。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
音楽と美味しかった店の話しかしません。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。