見出し画像

夫と私を結びつけた"過去"

紅雀

私と夫は、過去に似通った経験をしています。

それは、学生時代に大学(研究室)に行けなくなり、ドロップアウトしていること。

特に夫は、やりたいことのために入った研究室が相当なブラックだったらしく、文字通り心を病んでしまったそうです。

私は私で、大学が肌に合わず、休学などを繰り返した挙句、一人暮らしなのに引きこもりになった過去があります。

おかげで、お互いにその過去を知った時、相手の苦悩を少しずつ推し量ることができました。

憐憫ではなく、共感と理解がそこに生まれたと、私は感じています。

人生でレールから外れるという体験には、当事者にしかわからない戸惑いと痛みがあると思います。

それを理解してもらえる相手と出会えて、私は幸せだなあと思っています。

夫も、私が引きこもりだった過去などをあけすけに話していたため、似たようなことがあったんだなあと親近感を持ってくれたそうです。

他にも、これがあったから私たち夫婦が結ばれたというエピソードがありますが、それはまた別の機会に。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!