生産性が爆上がりするブラウザ:Sidekick
見出し画像

生産性が爆上がりするブラウザ:Sidekick

One Capital

こんにちは、One Capital の三好(@saas_penguin)です。

Product hunt で話題になったため、すでに知っている方も多いかと思いますが、今回は超高速ブラウザ「Sidekick」について紹介します。ずっと使いたいと思っていたものの、なかなかM1 Macで安定稼働してくれず・・・ようやく安定してきたので、使ってみた感想や気になるポイントを書いていきます。

昨今のブラウザ事情について

画像1

本題へ移る前にブラウザを取り巻く環境について簡単に触れておきます。デスクトップブラウザのシェア推移を見ると、10年前は Internet Explorer(以下、IE)が約50%、Firefox が30%のシェアを握るという2強状態でした。しかし、2008年に誕生した Google Chrome が Android 端末の普及とともにシェアを急拡大させます。2011年には Firefox を、翌年には IE を抜き去り、王座に君臨することとなります。その後は上記からわかるように、2018年ごろまでシェアを高め続け、現在は約70%のシェアを誇っています。Googleは世界最強の検索エンジンを持っていることに加え、GoogleカレンダーやGmail、Googleスプレッドシートなど、あらゆるサービスを無料で提供しており、消費者や企業の中に自然と溶け込んでいることがわかります。「まあ、とりあえず Chrome 使っておこうかな」という状態になっており、Google ブランドの強さがうかがえます。

雷の如く現れた超高速ブラウザ:Sidekick

画像2

©︎Sidekick

そんな Google Chrome の存在を脅かす存在となるかもしれないのが Sidekick で、Produch hunt で Daily / Weelky で1位を獲得し、世界的に注目されています。「超高速」であることを謳っている同ブラウザですが、特に解決したい課題としてはタブやウィンドウの開きすぎ問題。よくありがちなのが、調べ物をしていると多くのタブやウィンドウを開いてしまい、無駄にメモリやCPUを消費してしまったり、欲しかった情報が埋もれてしまうなんてことも。Sidekick はそのような課題を解決するために開発されたブラウザです。

とにも、かくにも、速い

Sidekick はそのコンセプト通り、本当に速いです。タブを新規で立ち上げるところから速いですw そして、検索結果の表示スピードも驚きの速さです(これは通信環境にも依存しますが)。これまでは、Brave というアドブロックが付いていたり暗号資産がもらえるブラウザを利用していましたが、この速さに慣れてしまうともう元には戻れません。

画像7

Sidekick の最もユニークなところは、サイドバーにアプリを表示できる点にあります。Slack や Gmail、Googleカレンダーなど、よく使うアプリをサイドバーに置いておくことで、使いたいアプリへすぐにアクセスすることができます。また、アカウント毎の表示にも対応しているため、Slack をワークスペース毎に、Gmail をアカウント毎に配置しておくことも可能です。下記のようにメジャーなアプリから探すこともできますし(これを見ているだけでも楽しい)、自身で好きなアプリを登録することもできます。私はバーチャルオフィス「oVice」を日常的に利用しているので、自身で登録して使っています。

画像3

利用履歴も簡単に検索することができます。(Macの場合)「Option+F」を押すことで、最近利用したアプリ、タブ、ワーススペースが即座に表示されるため、もうブラウザの履歴を探し回る必要はありません。ショートカットにも対応している点が嬉しいです。サイドバーに配置したアプリは、ワンクリックで通知 OFF にすることができるため、作業に集中したい時にも有用なブラウザとなっています。

セッションでメモリを節約し、頭を素早く切り替え

画像6

©︎Sidekick

Sidekick では開いている複数のタブを1つの「セッション」として管理することができます。セッションをプロジェクト毎に管理すれば、頭を素早く切り替えることができます。また、ウィンドウは常に1つで良いため、ウィンドウ / タブ開き過ぎ問題も解消されることでしょう。セッション切り替えもショートカットに対応しており、「Option+W」を押せば表示したいセッションを選択することができます。

その他にも便利な機能がたくさん

画像5

Sidekick にはその他にも便利な機能がたくさんあります。「Option+N」を押せば、メモアプリである Google Keep が画面左に表示されます。急いでメモを取らないといけないシーンでも、このようにすぐに呼び出せるため慌てる必要はありません。また、Google Keep はメモだけではなくチェックリストも作成できるため、タスク管理ツールとしても運用しても良いかもしれません。

前述した Brave 同様、Sidekick にもアドブロック機能が付いています。見たくない広告で溢れるインターネットの世界ですが、Sidekick はそのような広告やトラッカーをブロックしてくれるため、安心して利用することができます。タブの一時停止機能も便利です。必要のないタブを自動的に一時停止してくれるため、メモリを余計に消費しないというメリットがあります。これまでは Chrome プラグインでタブを眠らせていましたが、デフォルトでこの機能があるのは便利ですね。Sidekick は Chromium (Chrome がベースなブラウザ)であるため、Chrome プラグインが使える点もありがたいです。

今後のアップデートを期待したいところ

使っていて気になる点がいくつかあったので、紹介したいと思います。

別ウィンドウではサイドバーが使えない

私は上記のようにウルトラワイドディスプレイに2つのウィンドウを置いて仕事をしているのですが、サイドバーが表示されるのはあくまでメインのウィンドウのみとなります。できれば別のウィンドウにもサイドバーが欲しかったところ。ただ、これは Sidekick の思想と反する部分があるため、あえてそうしていないのかもしれません。

セッションの切り替えでタブの並び順が変更される

私はプロジェクトごとにセッションを作成しているのですが、セッションを切り替えるとタブの並び順が勝手に入れ替わってしまいます。そのため、タブを自分好みの順番に配置しても、順番が入れ変わってしまうのがとても残念です(自分の環境だけで起きているのかもしれないですが)。

サイドバーに割り当てられているアプリの番号がわからない

これはちょっとマニアックなポイントです。サイドバーに表示されているアプリへアクセスする時もショートカットを利用することができるのですが、どのキーが割り当てられているのか直感的にわかりません。デフォルトでは、「Option+1-9」で上から順にショートカットが割り当てられているのですが、1から3くらいまでであればなんとか覚えていられます。しかし、それ以降になると上から順番に数えていくことになります。Slack のデスクトップアプリのように、割り当てられている数字を表示してくれるとありがたいなぁと個人的には思いました。非常に細かい点ですが。

どのようにマネタイズしているのか

画像7

©︎Sidekick

超高速で便利な Sidekick ですが、無料で十分に利用することができます。しかし、同社はどのようにマネタイズしているのでしょうか。チームや全社利用によるマネタイズを行っています。チーム向けの「Sidekick Teams」を利用すれば、役割ごとに必要なアプリケーションを素早くセットアップすることができ、新たにメンバーが加わったとしてもスピーディーなオンボーディングを実現することができます。ワンクリックでチームメンバーと Web 会議できる点も魅力的です。また、パスワードマネージャー機能を利用すれば、パスワードを安全にメンバーへシェアすることができます。

TechCrunch によると、Sidekick の創業者である Dmitry Pushkarev 氏は、これまで複数の会社を立ち上げてきたシリアルアントレプレナーです。Kleiner Perkins で働いていた際にこのアイデアを思いつき、19年に創業をしました。翌年にはシードラウンドにて Y Combinator から出資を受け、そして、今年3月のラウンドではKleiner Perkins をリードに$2Mを調達しています。ローンチ(昨年11月)からまだ数ヶ月しか経っていませんが、Microsoft や Dropbox、Slack などの名だたる企業をはじめ、すでに約3万人のユーザーが利用しているそうです。同社はこれを単なるブラウザではなく、仕事用 OS だと謳っています。ブラウジングを目的としたものではなく、プロフェッショナルの生産性を高めるツールとして、今後は BtoB ビジネスへ展開していくとのことです。

===

以上、今回はSidekickに関する紹介をしてみました。もはや使わない理由が見当たらないブラウザなので、これを機会に利用してみてはいかがでしょうか?ブックマークも簡単にインポートできるため、スイッチングコストもそこまで高くなかったです。

One Capital では、国内外の SaaS に関する資金調達やプロダクトの最新情報、イベントのご案内などをお届けしています。ご関心のある方は、ぜひ以下よりご登録ください(5秒で完結します)。

Written by kakeru miyoshi(@saas_penguin

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
よろしければシェアもお願いします!
One Capital
SaaSスタートアップへの投資と大企業のDXを支援するベンチャーキャピタルです。スタートアップと大企業の両面から、日本の変革を推進します。ブログはコーポレートサイト(https://onecapital.jp/perspectives)へ引越しをしました。