見出し画像

無知の知とソクラテス

 とある日に、デルフォイのアポロン神殿の巫女が、この世でソクラテスがいちばん賢いと言った。それを人伝に聞いたソクラテスは、なぜそういわれたのか不思議であった。

 というのもソクラテス自身は、自分は正義や善や美の意味など、なにも知らないのにという自覚があったからだ。それを確かめるために、ソクラテスは方々に行っては、いろんなヒトに論戦をしかける。

 最終的にはそれが原因のひとつになって、死刑判決を受けてしまうのだが、ソクラテスは自分がなにも知らないことを知ることが、本当のかしこさなのだという考えにたどり着くのである。

 ようは他のヒトによくみられるために、ハッタリこいたって意味ねえじゃんということだ。ただそれを自覚するだけならよかったのだが、他人のハッタリまで暴いてしまった。

 他のヒトによくみられたいと願うニンゲンにとって、ハッタリがヒトに露見されるということは大きな屈辱である。よくみられたいという思いが強ければ強いほど、その屈辱の大きさは増し、それにつれて恨みも大きくなる。

 ソクラテスは知に重きを置きすぎ、人情に疎くなり、ある意味で自滅してしまったのだった。

今日のところはこれまで。ごきげんよう。
この呼吸がつづくかぎり、僕は君のそばにいる。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6
1973年(昭和48年)東京に生まれる  介護福祉士  日本大学通信教育部文理学部哲学専攻在学中  研究テーマは生命倫理および死生観について  トレードマークはポークパイハットとロイド眼鏡 藤沢市在住
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。