見出し画像

過去15年間に売れたアミグルミの人気ランキング ベスト20を集計してみた

こんにちは。
アミグルミを作っています、オムニベリー(omni-berry)と申します。

作品の制作・販売を続けて約15年。
これまでに生み出したキャラクターは、1点ものや人型のものも合わせておおよそ100種類。
お客さまのもとへ送り出したアミグルミは約1,600点程になります。

アミグルミにも色々種類があって、フワフワの毛糸で編まれたファンシーなものや、最近では よりリアルな動物を表現した技巧的なものなども人気がありますね。

私の場合は、何はともあれキャラありきなので、たくさんの方に愛されるキャラクターになってほしいと思いながら日々制作しています。

と前置きはこれくらいにして、これまでイベントなどでお客さまから「一番人気のあるキャラクターはどれですか?」と聞かれたことが何度かありましたが、実際のところ調べたことはないので私自身も正直分かっていませんでした。

確かに私も知りたい。
ということで、制作を始めた2004年〜2019年までの、omni-berryのキャラクターの人気ランキングを、売り上げ金額ベースで集計してみました。

15年間でものすごく活発に活動していた時期や、活動をほとんど休んでいた時期などなど紆余曲折あるので、純粋で平等なランキングとは言い難いものがありますが、まぁそこは軽い気持ちでご覧ください。

すでに作品をご存知の方は予想しながら、ご存知ない方は作品をゆっくりご覧いただきながら、楽しんでいただけたら幸いです。
では早速、私の率直な感想とともにスタート!


第20位:ネコテク(2016年〜)

画像2

ネコテクがベスト20入りです。
発売を開始した2016年に1位を獲得。ほとんど2016年の売り上げだけで20位にランクインしました。
私の作る動物はほぼ全員が二足歩行なのに対し、珍しく四つ足のキャラクターです。


第19位:ウサリル(2013年〜)

画像1
2016年と2018年にベスト5入りしています。
「Soft」という、一時期作っていた柔らかいアミグルミシリーズから派生したキャラクターです。
シンプルなデザインなので、作りやすくて好きです。


第18位:トリーニョスJr.(2006年〜)

画像3

一番上位になったのが2013年の4位。
とある企画展の限定作品として制作したのですが、とても好評だったので数年後に復活しました。
なので、2006年〜となってますが、売り上げのほとんどは2011年以降のものです。


第17位:Soft ネコ(2011年〜2014年)

画像4

ここでSoft ネコがきました。2012年に2位となっています。
ネコムントと合算しようかと思いましたが、アイテムの種類が違うので分けました。
元々は2011年10月に高円寺で開催した二人展の出品作品として制作した作品です。
その後使わなくなった毛糸を使用して3年間ほど制作しました。


第16位:ヒトゥージオ(2006年〜)

画像5

ストレートヤーンで一旦 裸のアミグルミを作り、その上からポンポン状にしたループヤーンを少しずつ少しずつ縫い付けるという、とてつもなく手間がかかる作品です。願わくばあまり作りたくな…いや、もう少し効率の良い制作方法はないかなと検討中です。


第14位:カバサンドロ(2010年〜)

画像7

14位が二つ。ここで早くもカバンサンドロが登場です。
特に目立って上位には来ることはありませんが、マニアックな人気があります。ほぼ1段づつ服の色を変えて絶妙なグラデーションを人力で作っていくという、なんとも手間のかかる作品です。
テンガロンハットとスカーフがよく似合う、カウボーイ風のカバです。


第14位:ゾーファン(2008年〜)

画像7

同率14位でゾーファン。
2011年に5位、2014年、2015年とベストテン入り。こちらも目立って上位に来ることはないですが、ジワジワと人気があります。

渋い色使いと、どことなく上品な佇まいが良きです。


第13位:ネコムント (2013年〜)

画像8

おっと、ここでネコムントがきました。
2013年、2014年、2018年、2019年とベスト5入り、2015年には1位を獲得しています。

近年とても人気があって、作ってもすぐに売れてしまうのでもっと上位かなと思ってましたが、歴史が浅いのが上位にいけなかった最大の理由だと思うので、これからに期待です。
とにかく色変えのセンスが問われるので、パーツを編んでる時も気が抜けません。


第12位:ワニプシー(2011年〜)

画像9

惜しかったですね、ワニプシー。
2012年に3位、それ以降も4年連続ベストテン入りしています。
まだ制作を始めたばかりの頃、イベント会場で「ワニは無いですか?」と聞かれたのがなんとなく頭の片隅にあって、東京での展覧会の際、新作として出品したのが始まりです。
大きな口がかっこいい男前のワニです。


第11位:クマファー(2011年〜)

画像10

あららクマファー、惜しくもベストテン入りならず。
2011年に1位を獲得。2012年、2013年、2015年にベストテン入りしています。
こちらも東京で個展を開催した際に、新作として出品したのが最初です。


ここまででベスト20位〜11位までが終わりました。
そこそこ予想通りだったかな。

結構定番の作品が出ちゃったけど、このあと誰が出てくるんでしょうか。

それでは、いよいよ10位〜1位を見てみましょう。


第10位:ウサロット(2005年〜)

画像11

なんと!ここで最近ほとんど作っていなかったウサロットがランクインです。
2008年と2010年にベスト5入り。
2010年以降、新キャラクターがドバッと増えたこともあってなかなか作れずにいたのですが、よく見るとやっぱり可愛いですね。


第9位:ネコニャック(2008年〜)

画像12

ネコニャック、照れながらもベストテン入りです。
2019年に1位を獲得、2016年以降4年連続でベストテン入りしています。
制作当初はそこまででもなかったのですが、近年作ってもすぐに売れてしまう人気ぶりです。
この先ますます頑張ってもらいたい今日この頃。


第8位:クマノビッチ(2005年〜)

画像13

またしてもびっくりな順位。こちらもここ10年ほどまともに作っていないキャラクターです。
2004年〜2006年とベスト5入り、2010、2011年にもベストテン入りしています。


第7位:イヌドリヒ(2005年〜)

画像14

びっくりな順位が続きます。こちらもオーダーをいただく以外、最近はほとんど作っていません。
ほとんど上位に来たことがないのにここに入るということはジワジワ人気があるんですね、ありがたいことです。60〜70年代風のレトロな色使いと、ボーダーの耳が可愛い犬です。


第6位:ライオニーニ(2005年〜)

画像15

こちらも意外や意外。近年ほとんど作っていないキャラクター。
2004年、2007年、2009年、2010年とベスト5入りしています。

というかこうやって見ると、2010年以前の委託販売やらイベントやらものすごい数をこなしていた頃の売り上げが幅をきせている感じですね。

ちなみに、めちゃめちゃ頑張って売ってたその時期の売り上げのほとんどは委託販売手数料やら諸々の経費で消え、その頃の私の時給は300円でした。ちーん。


第5位:ライオンガム (2010年〜)

画像16

おーーーーーっと!ライオンガムがまさかの5位!
なんかわかんないけどちょっとショック!

2013年、2014年、2017年と1位を獲得するも、上記の2010年頃までのイケイケ薄利多売時期を経ていないので、まだ先輩たちに追いつけていない感じです。

2010年制作ですが、正式に販売を開始したのは2011年からで、しかも最初から価格が高かったこともあり、そう考えると5位というのは大健闘かなと思います。


第4位:ケロチョフ (2004年〜)

画像17

出ました、ケロチョフが4位です。
2004年〜2008年、2012年、2014年〜2019年まで、ベスト5位以内に居続けました。残念ながら1位になったことはありませんでしたが安定の人気ぶりです。

シンプルで量産しやすいため、イベントが近いから何か用意を…となった時に、じゃあケロチョフ…となるのも上位の理由かなと思います。頼れるケロチョフです。


さて、10位〜4位までを見てきましたが、ちょっと意外な結果でした。
まさか、最近作ってない作品たちがこんなにも上位に入ってくるとは。
時給300円の頃の私、がんばってたなー。(文字が霞んで見えない…

ということで、いよいよ残すはベスト3です。


第3位:チンパジーノ(2005年〜)

画像18

はい出ました、チンパジーノが3位です。
2018年に1位、2006年〜2009年、2011年、2013年、2014年、2016年〜2018年とベスト5以内をキープしています。

長きにわたって売れ続けているのがベスト3入りの要因となりました。

ただ、非常に時間と手間がかかる作品の為なかなか量産できないのがネックでして、もしチンパジーノが量産できていたら、もっと上位だったかもしれません。


第2位:トリーニョス(2005年〜)

画像19

やっぱり強かった〜、トリーニョスが2位。
2006年、2012年に1位を獲得。
2004年〜2015年まで、ずっと安定して5位以内に居続けたことが大きいです。

最近ちょっと勢いがないのが寂しい。がんばれトリーニョス!


第1位:クロネンコ(2004年〜)

画像20

ばばーん、ということで、1位はクロネンコでした〜。パチパチパチパチ...
2004年、2005年、2007年〜2009年と、ずっと1位。
2016年以降も連続ベストテン入りするなど、不動の人気を誇っています。
ケロチョフ同様、比較的量産しやすいのもポイントです。

最初の頃に作ったキャラクターが上位を占める、というのもなかなか感慨深いものがあります。初期と後期では価格も状況も全く違うので、純粋な人気ランキングとはお世辞にも言えない部分がありますが、今回やってみて実際の数字で結果が見えたのはとても有意義でした。

ちなみにベスト3は団子状態なので、今後の動きにも注目です。


というわけで、omni-berryのアミグルミ人気ランキング2004年〜2019年でした。
長らくお付き合いありがとうございました。

またいつかやりたいと思います。


omni-berry
https://omni-berry.com


他のキャラクターもいろいろご覧になりたい方はこちらをどうぞ
https://omni-berry.com/works/


この記事が参加している募集

私の仕事

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
5
アミグルミ作家。以前は10年ほど中古レコードショップで働いてました。音楽とライブとビールが大好き。
コメント (2)
ふふ、こんにちは。ケロチョフちゃんかライオンガムが一位かなーと思っていたのですが惜しかった!!
ありがとうございます〜。
最近の傾向からいくと、そのあたりがベスト3に入りそうですよね。

「え〜!」とか「まさか?!」とか言いながら、一人で盛り上がってしまいました。
集計していてとても楽しかったです🤗
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。