大見謝らじを

ケケケ(という屋号) / 編集思考で地域にたゆたう / 百姓2.0 / ローカルプランナー × バーテンダー / 元ライター / 芸能と民俗と風俗 / ことばと思想とコミュニケーション / "そうじゃない"選択肢を / なで肩

東京絶景

「東京はうつくしい 泡沫のプラネタリウム 星なんて一つも見えないけれど 夢をみているのよ」

太陽

「ほらまた縦列駐車でぶつけてる たいして急ぐ理由なんてないのにね ~ 目眩めく些細な悩みは とりあえず今は置いておいて そのうち忘れればいい」

失敗者しか信頼しない。

指くわえて遠くのことを見ているだけでは気づけないことがある。だから、眺める側から眺められる側へ、つまり、”やる側”へと立場を変える意味はそこにある。 ちょっと前...

お客さんから時間をもらっている。

だいたいの大事なことはカウンターの中で学んできた。酒を注ぐ技術だけではなく、コミュニケーション、掃除のしかた、空間のつくり方、人間関係と人間観察、物事の捉え方な...

家族になろうよ

「明日のわたしはそれほど変われないとしても 一歩ずつ与えらえる人から与える人へと変わってゆけたなら」

利用してくる大人に出くわしたら。

相手を利用することは悪いことなのか。 一方的であればそこに悪意は感じるが、双方的であればそこにはWin-Winの関係が生まれる。ぼくはそう思っている。 まあ、そもそも...