大見謝らじを

ケケケ(という屋号) / 編集思考で地域にたゆたう / 百姓2.0 / ローカルプランナー × バーテンダー / 元ライター / 芸能と民俗と風俗 / ことばと思想とコミュニケーション / "そうじゃない"選択肢を / なで肩

なぜ勉強するのか。

「どうして勉強しないといけないのさ」 いつかは、どこかで、こんな質問が飛んでくるんじゃないかと思うと心がちょっぴりザワつく。もしも、自分の子どもから質問される日...

ケケケのラジオ #23「小説という箱」

00:00 | 00:30

川上未映子著「すべて真夜中の恋人たち」を読みながら、あらためて思った、小説ってここがいいよね、という話について。あと、少量の毒を。

ケケケのラジオ #22「ちょろいんです」

00:00 | 00:30

「価値」について。場代にとらわれずに、自分のやりたい商いをやるってことは、いくらで自分の商品を売りたいか、という設定なんじゃないかと、ふと思ったのがありまして。

ケケケのラジオ #21「バンドみたいな働き方」

00:00 | 00:30

高橋幸弘さん率いるバンド「META FIVE」の存在が、個人で働くことと、組織で働くことの意味について考えるきっかけになった、という話。「集会所みたいな」という言葉が好...

ケケケのラジオ #20「音楽ソムリエっぽい人」

00:00 | 00:30

「いろんな音楽を、選んで、聴いているひとは、ゆたかだなぁ」と思うんです。あと、好きなアーティスト、LEO今井について、話でちょっと触れています。

「働きたくない」を翻訳すれば。

人によって、言葉を使うときに、それに含まれる意味ってのは、微妙に違うもんだから、コミュニケーションというのは、やっかいなんである。 「働きたくない」 働き方につ...