見出し画像

【Splatoon2】SEPに入っての1年。これまでとこれから【SEP】

皆さんこんにちは!おメガです!
社会人しながらSplatoon2を楽しんでるゲーマーです!!

最近は「誰でも上達スプラ塾」というYoutubeチャンネルで、毎週水曜日夜9時から1対1対決のエンジョイバトル配信をしています!


そんな自分がSplatoon2の指導チームS.E.P(Splatoon Earnest Players)に、設立当初から所属し、現在運営補佐として携わっています!

自分がどうしてSEPに入ることになったのか。
その経緯や入会して1年どんな場所か紹介し、これまでとこれからの思いをお話します。

SEPって何??どんなとこ??

S.E.Pとは、Splatoon2の月額制指導チームであり、
月額1,000円~3,000円で、毎週プラベの指導は勿論、
①ワークという座学を利用して武器理解から立ち回りを徹底的に考察
②1人1人の特徴にあった練習方法の提案
③ガチマッチの動画を添削指導、Youtubeで解説
④複数名いる指導員による個別指導(リーグマッチ、等)
これらが出来るんです!
※選択料金コースによってできる内容は異なります。

どうしてSEPに入ったの??

自分はこれまで仲の良い友達と仲良くワイワイしながらリグマやプラベするエンジョイ勢でした。ウデマエXも達成したし、当時の持ち武器もクアッドホッパーで固定でもういいやって思っていました。それが去年の6月くらいまでの話。いくつかの転機が訪れます。

①持ち武器で勝てなくなり伸び悩む

アップデートの影響もあってか、当時持ち武器であったマニューバ系統の使用者が徐々に減り始め、武器の長射程化が進んでいるのを感じていました。そしてガチマッチでもXに行けてもS+に戻される…。それを何度も何度も繰り返していました。

②出場した大会で不当な扱いを受ける

とあるエンジョイ大会をフレンドと一緒に出場したのですが、
相手側遅刻でこちらの勝利確定にも関わらず待たされて試合を行い敗北。
運営の対応も適当に済まされ、ウデマエ制限大会にも関わらずウデマエ詐欺発覚して結局その大会は大荒れに…。大会批判もしたかったのですが、
それよりも『強くなければ大会なんか出るな』と現実を突きつけられ、
『今以上に上手くなってやる!』とこの時決意しました。

③そして辿り着く「ゆとさん」という存在

それからは自分なり動き始めました。上位勢の人が自分の
動きを見るプラベを開催してくれるので何度か参加してみて…
その時丁寧にアドバイスを頂いて、
(Splatoonをもっと教えてくれる人いたらいいなぁ…。)と考えてました。

そんな時にある人から
「『ゆとさん』って人がもっと丁寧に教えてくれるからそこに行くといいよ」と教えて頂きました。

当時Youtube Liveで視聴者参加型プラベを代表のゆとさんが1人1人の動きを見ながら実況解説する取り組みをしてたんです。
そこに時間があれば恐る恐る参加し、強い人たちと手合わせしていく日々を送ってました!

そして2019年8月末、もっと強い人たちと戦うにあたってまだまだ基礎的なことが出来ていないと改めて学び、SEPに入会させて頂きました!


入ってみたらこんなに丁寧なところだった


1.ワークで考える力を身に付ける

SEPの一番の特徴として、ワークという座学システムで武器の理解や立ち回りを自分の力で文章で考えるというものがあります。

そもそもSplatoon2というゲームに文章で武器の理解や立ち回りを考える必要があるのかって思った人、いませんか??

正直自分もその考えの人間でした。とりあえず相手倒せばいいでしょ??という発想でした。

あるもので例えてみましょう。
ポケットモンスターのピカチュウがいますね。あらかわいい。

画像1

この子を本格的にポケモンバトルに参加させるには実はたくさんの知識が必要だと思うのです↓↓

ピカチュウってそもそも何タイプ?
じゃあ弱点は何タイプかな??
ピカチュウってどれくらい速いの??
どんな技覚えるの???
本当にピカチュウでいいの??ミミッキュの方が強くない??
じゃあどうやって勝ち筋作ろうか??
そのためにどのポケモンを一緒にいれようか??
今流行ってる環境のあのポケモンの対策どうしようか??
持たせる持ち物はどうしよう??


…ね、本格的にやるにはいっぱいあるでしょ??
もちろんこれは自分のポケモン初心者の独断と偏見なので、本格的にポケモン対戦をしている人はここにデータなどを用いて構成等を考える人もいるとは思いますが、対戦型ゲームで勝つためにはそれなりの知識も必要になってくるって思うんですよ。



話を戻して、これをSplatoon2に置き換えます。
自分が今持っている武器を考えてみてください。
例えばみんな大好きスプラシューターコラボにしてみます。

画像2

・サブ、スペシャルは何かな??
・この武器の射程は試し撃ち場でライン何本分??
・この武器どれくらい塗れるの??どうして???
・どんな武器が苦手なの???
・じゃあその武器に勝つにはどんな動きをすればいいかな??


…これを自分の力で考えて、言語化することで武器の理解や立ち回りをどんどん深められます。何度も何度も1人1人丁寧に添削して頂けるので、武器の使い方や立ち回りがわからないという方はぜひとも参加してやってみるのをお勧めします!


2.指導プラベは基礎から親切に教えてくれる

本格始動して初めて参加した指導プラベでは緊張しつつも、以下の点を学んだ記憶があります。

ガチエリアで

・味方のSP(アーマー)を待たないで突っ込まない
・打開ターンの時はデスしない


…打開(だかい)???

※打開とは…不利状況を一変させ有利状況へと変えること。
前線(およびガチマッチでは目的オブジェクト)を確保し、敵の有利状況がすぐには再来しないと確信できる状態になったときが打開成功の目安である。
スペシャルウェポンを味方と同時発動し空間を制圧する、味方との共同で大量キルを得るなどの方法が一般的だが、今作のスペシャルウェポンは特に前者との親和性が高い。
(splatoon2攻略&検証wiki 用語集『打開』より)


当時は正直そんなことも知らずに目の前の敵をただただ倒していたことだけを考えていました!(;'∀')

それでも本当に基礎の基礎から丁寧にその人のいいところ、改善するべきところを教えてくれて、どこを重点的に練習するべきかを教えて頂きました!実際に指導プラベに参加すると、YoutubeにLiveまたはアップロードされて後から振り返り反省出来るシステムになってるので会員参加者はとても役立ってます!


3.ガチマッチのプレイを添削し、改善点を教えてくれる

↑の動画は自分のガチマッチを実際に解説していただいた動画になります。

プレイ1つ1つにいいところや気になる改善点をプレイを見ながら教えてますね。ここ以外でも疑問に思ったことや気になったことは直接質問して早いうちに解決していくシステムになっています。

4.年齢層が幅広く、ウデマエアップ達成者も続々

2020年8月12日現在、創立約一年で会員100名を達成することが出来ました!
その人口年齢層は最年少で中学生、最高齢で50代↑と、幅広い世代で活躍しています!
そして多くのウデマエアップの人たちが出てきました!

画像3

画像4

そして会員になったらDiscord人数が多い為毎日和気あいあいと楽しいチャットが繰り広げられています!

Splatoon2が発売されて約3年が経ち、環境の変化やアップデートの頻度の少なさ、(最近復活しましたが)フェスの終了からか、自分の周囲からもSplatoon2から他のゲームへ移行することも多くなってしまいました。

それでもSEPでは
「効率よく上達したい!!!」
「本気でもっと強くなりたい!!」
「絶対にXになりたい!!」
「もっとXPを伸ばしてあの人を見返したい!!」

そんな人が多く集まってくださって、毎日毎日楽しみながら時には考え悩み、仲間と励ましあって高みを目指しあっています。

「年齢的にも若い子にはスピードに追い付けない…。」
「自分はここのウデマエが適正値なんだ。これ以上はもういいや。」
「何度頑張ってもウデマエOO以上に行けない;;」

…もし、少しでもこんなことを思っていた、周りによく言う人がいるなんて人、いませんか??

ぜひ我々(SEP)と一緒にウデマエアップ、目指しませんか?


気が付いたら配信者になっていた


少し自分のことになります。

入会して半年するかしないかの頃、Youtubeチャンネルの充実の為に配信環境ある人を探していて、自分に声がかかりました。

今まで知り合いだけが来るカラオケツイキャスしか経験がない自分にとっては本当に緊張するものでした。沈黙の時間を作る申し訳なさと、改めて配信中ずっと話続けられるゆとさんを始め、配信してるストリーマーの皆さんの偉大さを実感させられました…!

ただこの時は話せなくても知り合いしか来なくても、人が少なくても出来るだけ毎週休まずに続けてみよう。出来るだけこのコーナーを定着させてみよう。そのことを考えてみました。

いやそしたらなんか人が来るようになって少しずつ配信することが楽しくなっちゃって(笑)


別の案件で知り合いの人のプラベに行ったときに「タイマン配信の人ですか!?」って言われた時は本当に驚きました。


ただただ思ったことは、どんな形であれ継続することは必ず力となって結果として出始めるんだって。

今は諸事情で配信お休みしていますが、必ずこの楽しい配信を復活させます。先日内部リーグ同時実況放送やってみましたが、なかなか楽しいですし勉強にもなりましたのでまた挑戦してみます。




これからのこと

1.大会運営のノウハウをもっと勉強して開催したい

4月に外部のチームと交流出来たらいいなと思い、社会人SplatoonコミュニティチームAFBさんと合同でドラフト杯を開催させて頂きました。


参加してくださった選手の皆さんも、放送を見てくださった皆さんも本当に楽しんで頂けましたが、何よりも大会開催までの準備期間や配信するまでの緊張感が何よりも自分にとっては楽しいものでした。その一方でこの大会を開催するにあたって手伝ってくれたスタッフの皆さんの負担をもっと軽減させるためにも、今後運営ノウハウを学んでウデマエ層関係なく楽しめるような企画・大会を開催出来ればいいなと思ってます。


2.SEPについて参加者目線で発信していきたい

これまでは代表のゆとがTwitter攻略ブログを通して様々なSplatoon2に関する知識やSEPの活動記録を発信していきましたが、この4,000文字程入力して感じたことは『定期的にチームの参加者目線でブログを掲載すればもっと多くの人に見てもらえるのでは??』ということである。今後も定期的に企画を開催するので、その度にこちらで発信するのもよいかもしれない。

先程も書きましたが、どんな形であれ継続することは必ず力となって結果として出始めるということを信じて…



最後に

SEPに興味持たれる際よく聞かれることだけお話しします。

ゲームを教わるのにお金を払う必要があうのですか??

これに関して自分なりの答えはこうです。

Splatoon2がさらに上達するために、充実した月々のDLC(ダウンロードコンテンツ)って考えてます。


実際に入会して『なんか合わなかったな…』と言って退会する方も何名もいらっしゃいます。その度にこうしていこうと改善している日々を送っています。



改めて皆さんにお聞きしますね。

「年齢的にも若い子にはスピードに追い付けない…。」
「自分はここのウデマエが適正値なんだ。これ以上はもういいや。」
「何度頑張ってもウデマエOO以上に行けない;;」

…もし、少しでもこんなことを思っていた、周りによく言う人がいるなんて人、いませんか??

「効率よく上達したい!!!」
「本気でもっと強くなりたい!!」
「絶対にXになりたい!!」
「もっとXPを伸ばしてあの人を見返したい!!」

…こんな人たちもいませんか??


SEPはSplatoon2を本気で強くなりたい人達を応援し、歓迎します。
お待ちしております。




リンク先


・指導チーム「SEP」

所属・運営補佐をしております。

・Youtube「誰でも上達スプラ塾」

SEPメンバーのガチマ添削を中心に解説動画を上げています
解説ライブ配信やサーモンラン配信、自分主催のタイマン配信等もあるので是非遊びに来てください

・攻略ブログ

無料とは思えないほどSplatoon2に関するコンテンツを掲載しています
ぜひご利用ください

・代表 ゆと Twitter

Splatoonを指導に専念し、XP2600やXP2700の教え子も続々排出した師匠。
興味を持たれた方はこちらへご連絡を。




この記事が参加している募集

自己紹介をゲームで語る

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
11
Twitterでまとめきれなかった思いをここに載せます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。