マガジンのカバー画像

詩・散文

52
運営しているクリエイター

記事一覧

詩・散文「Natural born killers」

Natural born killers

誰かとつながり生きている支え合って生きている
喜びを分かち合ったり悲しみを拭いあったりと
それはとても素敵なことなのだ
と同時に例えばそれは
一匹の蝶の羽ばたきがその地球の裏側で台風を引き起こす因子の一つでもあるように
例えば私の些細な振る舞いは
遠く何処かで知らない誰かを踏みにじり傷つけ殺しているに違いない
環境と共に在り関係の網の目の中に生きるとはそ

もっとみる

雑文・日記・メモ「誰にも知られない花」

誰にも知られない花

誰にも知られずに芽吹き花咲き萎れ枯れていく花は、果たして存在したのだろうか。
私はしなかったとおもいます。
もしこれが正しいならば、在るがままの自然と言われるものは嘘になる。
現象する自然は、必ず人為に依ってその様態が定まり顕在化されるのであろうから(→シュレーディンガーの猫)。

だから私は「世界は人間なしに始まったし、人間なしに終わるだろう(レヴィ=ストロース)」とは、私

もっとみる

哲学・日記・メモ「故郷のこと」

故郷のこと

上京して夢果たせず、何十年を経て故郷に帰ってきたが、そこは故郷ではなかった。

確かに地理的にはそれはそこにあったし、文化風習は暮らしの中に残っていたが、そんなものは私の故郷ではなかった。

その「土地・地域」に私の故郷はなく(だからと言って普遍的な「大地」を故郷と呼びたいわけでもない)、私にとってのそれは、

あの日遊んだ犬であり、あの日殺したコガネムシであり、夏の空に湧く入道雲で

もっとみる

詩・散文「赤猫」

赤猫

〇猫、夕日を見ているの?
●まさか、西を向いているだけさ。
〇あら?寝ころんだ。
●寝そべった。
〇そうしてじっとアスファルトの熱を体に吸い込んでいる。
●最後の温もりを味わいながら。
〇猫、ないている?
●どうして?
〇わからない。でも、睫毛がキラキラと濡れているみたい。
●錯覚さ。
〇でも、私の影はこんなにも伸びてゆらゆらと・・・
●揺れている?
〇1ミリの厚みもなく。
●幽霊みたいに

もっとみる

詩・散文「右手と左手」

右手と左手

「右手」とは「左手の右側の手」であるのならば、「左手」は「右手の左側の手」であろう。
別に「手」じぁなくったっていいし「手じゃない何か」である必要もない。単に「左右の定義」として考えてみると、
「右の定義は左の右側」であるし、「左の定義は右の左側」である。とすると、この定義は真であるか偽であるか?

2021年11月1日 岡村正敏

詩・散文「臍考」

臍考

臍と言うのは不思議なものだ。何の役に立つでもない腹の窪み。無くとも良いが無ければきっと寂しいに違いない。何故だろうか、この、臍を失う寂しさとは何か。

私は臍ではないが臍は私の一部である。しかしじっと臍を見つめていると、ひょっとしたら臍は臍として、私ではない臍として、私の腹の真ん中で何か想う事があるような気がしてくる。
しかしやっぱり臍は私の一部なのだから、単に他人でもないのだろう。すると

もっとみる

詩・散文 「鏡面の真っ平らな世界から始めよう。それは真っ平らな世界の破綻を問う事であり、真っ平らな世界の信望とは異なる」

「鏡面の真っ平らな世界から始めよう。それは真っ平らな世界の破綻を問う事であり、真っ平らな世界の信望とは異なる」

真っ平な世界は、ただ一つの面が何処までも広がっている無言の世界なのか
真っ平らな世界は、無数の山頂が等しい高さに犇めいている多弁な世界なのか。

どちらにせよ、真っ平の世界に立った時、
私は私だけが起立している事を知るのであるが、だからと言って自分を真っ平らにしようとしてはならない。

もっとみる

詩・散文 「走る」

「走る」

青空の下
走る。
捨ててきたものは何もなかった
別れた人も誰もいない。
過ぎ去ってこそ初めて出逢う人、
ものものに
嬉しくて嬉しくて
なべてリュックに背負い込んで走る
走る
稲穂の風に靡く金色の道を
只管な道を。

涙が溢れ出てくるのはなぜか。

2010年頃 岡村正敏

詩・散文「岩になり砂になり水になり空になり」

「岩になり砂になり水になり空になり」

真っ平らでダダ広い大地に 亀裂が入りひび割れると そこには無数のゴツゴツした岩岩がひしめいていた この岩を二つの拳が叩いて砕くと 岩岩は礫になり砂になって拡がって まるでそこは海のような砂原になった やがて風が吹いて砂の粒子を巻き上げると それは空一面に舞い散って 空のような宇宙になった そうしてそこには透明な粒子が遍いていた それはもう粒子と呼べるものでも

もっとみる

詩・散文 「子供の夏の遊びの終わり」

子供の夏の遊びの終わり

夏蜜柑の木の木陰
雨上がりの垣根の匂い
無花果にはカミキリムシ
アゲハの幼虫が角を出し入道雲が湧き上がる
青大将が道を横切って
干からびた蚯蚓は水をかけても動かない
耳に張り付く蚊の羽音
キイキイキイとカミキリムシが鳴いている
足だけが歩いている
 向日葵が種をばら撒いて腐っていま
 した 叢には何だか分からない動物
 の頭骨がありました 暗渠の奥でザ
 リガニが卵を抱い

もっとみる

詩・散文 「まったくあの犬って奴は」

まったくあの犬って奴は

まったくあの犬って奴は、
どうして尾っぽなんぞを振りやがる。

まったくあの犬って奴は、
どうして舌などをベロンと垂らすんだ。

見てみろ、あの、犬って奴を。
尾っぽを千切れんばかりに振り回してついて来る。
追い抜いたと思ったら戻ってきて、
と思ったら、私の胴をクルリとなんて回りやがるんだ。

そうして、
どうして、
犬って奴は、
あんなにも人を信じ切った目をしているのか

もっとみる

詩・散文「夢さえ見ずに眠りたい」

夢さえ見ずに眠りたい

あそびはやがてあきるが、あきる事にもあきた時、私はもうどうでもよくなるのだろう。

「あそびたい」はまだ「あそびたい」という欲求を目的としているが、この目的を契機として「あそび」に没入している時、「あそび」にはもう目的はなくなっているのだろう。
しかし目的なき「あそび」は永続する事は無くやがて「あきる」。
そして「あきる」とは「もうこのあそびを止めにしよう」という目的の残照

もっとみる

詩・散文 「またやまにのぼりたくなったよ」

やまにのぼりたくなったよ
また やまに のぼりたくなったよ
ちいさな やま だけれども
そのさんぷくには まちがいちぼうできるちょっとひらけたばしょがあって つきでたいわが ぴょんとつきでているのです
そしてその ぴょんとつきでたいわによじのぼると まちのおとがかぜになって コーコー とほほをなでるのです
するとなんだかぼくはすきとおってしまって いったいなにがぼくなのだろうかとおもってしまったり

もっとみる

詩・散文 「金魚」

夜店に買われる金魚の悲し
飴色の裸電球に照らされて
虹色の悲しみが飴色に染まって
ねえ
金魚