見出し画像

支援事例「治療院への集客を強化したい」

画像1

令和 3 年 2 月 21 日 沖縄タイムス経済面掲載

発信力強化し実績PR

 ◆ 企業名 Kコンディショニング
 ◆ 業 種 ボディメンテナンス
 ◆ 所在地 沖縄市
 ◆ 創 業 2014年

【相談】
 「スポーツコンディショニングトレーナー」として沖縄本島へ拠点を移したが、新型コロナウイルス感染症の影響で活動が休止になった。経営する治療院への集客を強化したいのでサポートしてほしい。

【回答】
 Kコンディショニングは、主にスポーツ関係者を対象に、体の痛みの原因を根本から整えるコンディショニング施術院だ。代表の神谷政昭氏は東京で技術を学び帰郷。病院や障害者施設でのリハビリトレーナーを経験後、故郷石垣島で独立した。
 スポーツチームのコンディショニングトレーナーとして活躍。おととしは、沖縄本島のスポーツ強豪高校からオファーを受け、拠点を沖縄市に移した。以降、バスケットボールや野球、空手など全国大会常連校のコンディショニングトレーナーを歴任し、プロスポーツ選手の施術も経験した。
 こうした実績を有する神谷氏も、コロナの影響を受け、トレーナー契約が休止状態となった。店舗施術主体の運営体制を敷く必要が出てきたため、オンラインでご相談いただいた。
 まずは、新型コロナウイルス関連支援策について情報共有し、活用できるものを選別。店舗への集客については、予約経路を確認・整理するとともに、Googleマイビジネスの活用方法についてサポートした。
 インスタグラムやフェイスブックなどのSNSでは、これまでの実績に加え、どのようなことで困っている方が、どう改善されたかを理解いただけるよう「施術カルテ」を発信したところ、従前に比べ大幅に閲覧数が伸び、予約につながるようになった。
 現在はモデルやラジオパーソナリティーらの施術依頼も受けながら、近隣向けの周知策としてチラシを作成中で、「コロナ禍の状況で体の痛みを抱えている方々のサポート」を強化する方針だ。引き続き、神谷氏の取り組みを支援していく。問い合わせは、Kコンディショニング、電話090(4343)7547。
(県よろず支援拠点コーディネーター・堀家盛司)


※掲載内容は相談者の承諾を得て紹介しています。経営者のあらゆる相談を無料で受け付けます。相談は同支援拠点、電話098(851)8460。またはお近くの商工会へお問い合わせください。

詳しくはコチラ >> https://yorozu.ti-da.net/e11838501.html


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
「よろず支援拠点」は、中企庁が設置している無料の経営相談所です。「首里城火災」「CSF(豚コレラ)発生」「新型コロナウィルス」関連の経営相談窓口でもあります。中小企業・小規模事業者、NPO法人、一般社団法人、社会福祉法人等に類する方、「創業予定の方」のご相談、お待ちしています!