「ふつうのこと」を書いていると不安になる、の話

今日は下北沢WAVERにてLIVEです。
急いでいたので走ったら汗をかきました。

移動の直前まで曲作りをしていました。
昨日の続きをと思ったんですが、そちらはあまり進まず、また別の曲を新しく作り始めました。いい曲に仕上がるといいんですが...
まぁまだ時間はかかりそうです。

今日はあとは、LIVEに集中するだけなので、どうにかがんばろうと思います。余計なことを考えて疑心暗鬼になると、すぐ喉がよくわからない感じになるので...タフに生まれたかったです。


今日のように普通のことをぼーっと書いているとふと、「今日は当たり障りのないつまらないことを書いているのではないか」という不安に襲われることがあります。

でも、かといって自分に合わない間違った尖り方をすると、それはそれで後悔もするし、なんのためにこれを書いているのかも見失いそうなので、結局自分が健やかに気分良く暮らすためには、普通でいることが一番いいのだ、と思うことにしています。

今日のLIVEや、今作っているもの、果ては僕が生きていることまでも、意味があるものになればいいと思います。難しいでしょうか。

そんな感じで、皆さんまた明日。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、音源作りの費用とツアー資金に使わせていただきます。そしてたまにスタッフにおいしい焼肉をごちそうしたいです。

ありがとやろう~!!!!!!!
10
シンガーソングライター。「美術2」作者。 有料マガジンが三つあり、それぞれ「エッセイ」「編曲したての曲を上げる」「15人のパトロンを集めようとしている」を更新しています。 楽曲提供などは仕事依頼の欄をチェックしていただけますと嬉しいです。 photo:知世

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。