ハロウィンって結局何なの?
見出し画像

ハロウィンって結局何なの?

みなさん。
10月31日は何の日か知っていますか?
そうです。ハロウィンです。

では、なぜハロウィンをお祝いするか知っていますか?

え、知らない!
ハロウィンってコスプレするんでしょ?
それで渋谷で大騒ぎするの。
超楽しいよねー。

ブッブー!!
0点!!

では、もう一問。
何でコスプレをするか、分かりますか?

楽しいから。

ブッブー!
マイナス10点

そんな訳で、今回の3000文字チャレンジのお題「ハロウィン」について。
その起源から、先日、大人のハロウィンパーティーに参加してきたことのお話をしたいと思います。

最後までお付き合いください。

ハロウィンの起源は、古代ケルト人の時代にまで遡ります。
ケルト人は10月31日が1年の終わりとみなしていました。日本で言うところの大晦日ですね。

秋の終わりで冬の始まり。

この日は、家族の霊が戻ってくると信じられていました。その中には、悪い精霊が混じっていることがあるため、魔除の仮面をつけ、魔除の火を焚いていたそうです。ここが仮装の始まりね。

で、悪い精霊は、子どもにつきやすいと信じられていたから、子どもにお化けの仮装をさせて、身を守っていたという説もあります。

ハロウィンで魔女やお化けといった仮装が多いのは、悪い精霊に擬態するとことから始まっている訳ですよ(これも諸説あります)

欧米では魔女、幽霊、コウモリ、悪魔、黒猫、ゴブリン、バンシー、ゾンビなどの民間伝承のものや吸血鬼、狼男、フランケンシュタインなどの恐怖小説や怪談に登場するキャラクターが好まれているようです。

日本ではコミケをはじめとして、コスプレが定着していることもあり、アニメや漫画のキャラクターの仮装も目立ちますね。

そして、10月31日がちょうど収穫期だったこともあり、収穫を祝うお祭りでもあったのです。

日本で収穫祭といえば新嘗祭(にいなめさいと読みます。今は勤労感謝の日として祝日になっていますが、元はと言えば、お米の収穫に感謝する祭でした)です。

宮中行事なので、一般の人には馴染みはないかも知れませんが、皇居の中には水田があって、毎年稲を育てているのです。しかも天皇陛下自ら田植えをして、稲刈りもするんですよ。

今年は新天皇が即位したから、新嘗祭ではなく大嘗祭(おおにえさい)と称します。
はい、ここテストに出ますよ。

さて、ハロウィンに話を戻すと。

元はと言えば、異教徒である古代ケルト人の収穫祭だから、キリスト教の中では、ハロウィンを否定する流派もあるんですよ。この辺は容認から否定まで色々あるようです。

そんなハロウィンを単なる仮装のお祭りにしちゃったのは、アメリカです。
19世期から徐々に東海岸から西海岸へとひろがり、現在のような形になっていったようです。
さすがエンターテインメント大国と言えば、それまでなんだけどね。

どうですか?
単なる馬鹿騒ぎの日じゃないのよ。
起源が分かると、あの渋谷駅の大騒ぎがいかに異質なものかわかるかしら。

そもそも、日本でここまでハロウィンが大きく取り上げられるようになったのは、ここ数年間だよね。

私が小学生の頃は、英会話教室のイベントで仮装したくらい。それもあるもので適当に狩人になっていたのが、初めてのコスプレだったと記憶しています。(お姫様とかの発想がなかった)

企業による消費拡大の戦略もあったろうし、某ネズミの国で大々的にハロウィンと期間中のコスプレ入園をやるようになってから、コスプレが広がってきたような印象を受けます。
あくまで個人の感想だけど。

以前勤めていた職場の若い子は、ハロウィンを出合いの場として活用していましたね。
経過を嬉々として報告してくれたのを、微笑ましく聞いていたなぁ、俺(笑)

そんないいところもある。
でも、そんな場所には悪用しようとする人が集まるのも事実です。

非日常を楽しみたい気持ちは、わかる。
日常のストレスを発散させたいのも、わかる。

でも、他人に迷惑をかけるのはアウトだよ。
物を壊す、他人に害を与える、物を盗む、女性への痴漢行為、酔い潰れて路上で寝るなどなど……。

これは全て犯罪ですからね。

物を壊す→器物損壊罪
他人に害を与える→暴行罪
ものを盗む→窃盗罪
女性への痴漢行為→婦女暴行罪

こんなのを取り締まるために、渋谷区も税金投入しなきゃいけないのだから、ご苦労様なことです。
ごくごく普通の渋谷区民や、渋谷駅周辺でお店をやっている人にはいい迷惑かと。

酒飲んで気持ちを大きくさせてる輩は、酒がないと何もできない小さな人間なのよ。
だったら、地元の居酒屋でお山の大将してればいいんじゃね?

知らない人、知らない場所だから、何をやってもいいって理由にはならんのよ。
渋谷区をはじめとして、周囲が最大限の配慮と警戒、準備をしてくれているから、渋谷でハロウィンを過ごせることを忘れてはいけません。

今は簡単に個人が特定できるし、お巡りさんもいっぱいいるから、すぐに捕まるし。逃げ徳ができると思ったら大間違いです。日本の警察なめんな。

そんなリスクを犯してまで、渋谷行く意味がわかりません。
もっとも私は人混みが年々苦手になっているので、
こういうイベントには行きませんけど。

わざわざ渋谷行かなくても、ハロウィンはできますよ。大人なんだから、もっとスマートに楽しみましょうよ。

という訳で、後半はこんなハロウィンはいかがでしょうか?というお話を。

今回「大人のハロウィンパーティー」に参加するために、鹿児島へ行ってきました。
ちなみに鹿児島は初訪問でした。

レストランを借り切って。
着替えの部屋も貸していただいて。
安心安全な場所でコスプレを楽しみました。

しかもレストランの料理が美味しくてね!
ちゃんとハロウィンを意識した飾りもあってね。

前菜からスイーツまで全部美味しい!
お酒も美味しくてね!

内装も綺麗で、写真を撮るのにちょうどいいソファがあって。インスタ映えも間違いないり
女の子にはピッタリなお店でした。
あんなに素敵な場所を見つけてくれた主催者さんには感謝です。

可愛く(カッコよく)変身して、美味しい料理とお酒を楽しんで、ワイワイおしゃべりと自撮りして。
いいこと尽くしですよ。
そのかわり、夢中になりすぎて、お料理の写真を撮り損ねましたが(笑)

レストランを借り切るなんてお金はないよ!って人は、カラオケボックスのパーティールームでもいいんじゃないの?

カラオケボックスなら時間で区切れるし、料理も飲み物も良心的な値段で頼める。
最近のカラオケボックスは、色々面白い設備やサービスを提供しているから、充分楽しめますよ。
ちなみにパーティーの二次会で行ったカラオケボックスは、大画面のディスプレイが壁に2面付いていて、本人登場映像が流れると、大盛り上がりでした。

わざわざ不特定多数のいる場所に行かなくても、好きな友達と仲良く楽しく過ごせればいいじゃない。
変な人に利用される心配もないし、気心が知れた人ばかりだから、安心安全。

でも仮装は本気。
インターネットで取り寄せたり、セミオーダーしたり、自作したり。
そのためにお金を費やすこともいとわない。

大人になると、こんな楽しいことができるの。
こういう時のために日々頑張って働いて、お金を稼いで、遊ぶ時にはお金を使って、全力で遊ぶの。

ね?
大人って楽しいでしょ?
こんな大人なら、なっても良くない?

来年のハロウィンの参考にいかがですか。
大人のハロウィンパーティー、楽しいからぜひやってみてね。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
たくさんの感謝を込めて
静岡県在住の物書き。小説家目指して勉強中。食べること、読むこと、書くことが好き。自作小説や思ったことをこちらに載せていきます。ブログ https://ameblo.jp/happiness-souloflanguage/