小熊滋
不安は未来をみると沸き起こる
見出し画像

不安は未来をみると沸き起こる

小熊滋

ふと不安になることはありますか?

このままでいいのだろうか?

とか色々考えてしまう事ありますか?

人間みんなそんな時はありますよね。

今一番不幸であったり

ついてないと思ってたり

嫌な事があったり

友達や近くの人と上手くいかなかったり。

このままずっと続くのでないか?と。。。

そう考えるのって良くないと思いがちですが

そんな事言っても考えてしまうものは考えてしまいますよね。

きっと他の人から見たらどうでもいい事で悩んでしまったりしますよね。

相談したらそんなんで悩んでもしょうがないみたいな事を言われてみたり、、、

だから誰にも言えないみたいな、、、

何で不安は起こるんでしょうね?

きっと未来を考えると今が一番良くない時と脳が考えるように出来ているからです。

それはそうです。

長年かけて人間が生存して進化してきたのは間違いなく不安を振り払うことを考えてきたからこそのものだと思ってます。

ただ、、、

未来を考えれば考えるほど不安は強くなっていくような気がします。

もちろん

未来は間違いなく明るいはずなのに。

過去を遡っても悪くなり過ぎていく年表を探す事は難しいと思います。

と言うことは間違いなく今の現存は昔に比べたらはるかに良くなっているのに

不安に掻き立てられるのか?

それは

未来をもしくは目標を考える力が弱くなったからだと思ってます。

ではどうするの事がいいのか?

それは

今に集中すると言う事です。

「全人的な人間や成熟した人間を求める議論には、人がもつ最も特殊な才能、すなわち一つの活動や成果のためにすべてを投入できるという能力に対する妬みの心がある」

これがピータードラッカーの言葉ですが

一つのことに集中できるというのは類い稀な能力だと思います。

もし

今不安があるなら未来を考える事も重要、そして目標を持つ事も重要。

それをどうやって集中してやるか?

にシフトしたら

案外、不安は軽くなるような気がします。

最後まで読んで頂きありがとうございます😊

#snips #小熊滋


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
小熊滋

サポートして頂ければより一層の学びをお渡しできるように励みますm(_ _)mありがとうございます!

ありがとうございます!めちゃ嬉しいです!
小熊滋
美容師として活動中。人と出会える事に感謝して日々感ずる事を書いてみる。 言葉を使うということの大事さに気付き修行として言葉を使いながら書かせてもらいたいと思います。 プライベートも混在するかもしれませんがご了承ください。