見出し画像

誰もがいい意味で遠慮がない。だからのびのびとフラットに働ける/エンジニア 松田恵美インタビュー

元塾講師のエンジニアという異色のキャリアを持つ松田恵美。日々丁寧な仕事を心がけている松田は、機械にもユーザーにも正しく情報を伝えることを大事にしていると言います。その真意について話を聞きました。

プロフィール

松田 恵美 / Emi Matsuda
株式会社タンバリン 大阪開発チーム
アプリケーションエンジニア

株式会社TAMからエンジニアとしてのキャリアをスタートし、10年以上、様々な会社で経験を積む。過去には関西圏で「IoT Kyoto」「コワくない.js」といった勉強会を主催。近年はエンジニアとしてコードを書きながら、後進育成のための社内教育やプロジェクト進行支援に携わることも多い。

パートナー時代に「社員にならへん?」と誘われて

――まずはタンバリン入社の経緯を教えてください。

私は塾講師からキャリアをスタートしたのですが、手に職を付けたくてオンラインスクールでプログラミングを勉強。実務未経験でタンバリンの前身であるTAMに入社しました。

TAMではマークアップエンジニアとして6年ほど勤務していたのですが、短期語学留学のために退職。帰国後は、会社勤めをしたりフリーランスで働いたりしていました。ある時、知り合いのデザイナーをTAMに紹介しに行ったら、たまたまタンバリン代表の中尾さんがいて。自分が今フリーランスであることを伝えると「じゃあ手伝ってくれへんか?」と誘われたんです。

それでパートナーになり、1年半くらい経つ頃にはたくさん仕事をもらえるようになっていたのですが、そしたら今度は「社員にならへん?」って。

――中尾さんらしいですね。誘われて二つ返事で社員になることを決めたのですか?

お誘いはありがたかったのですが「私で大丈夫かな?」という不安があったので、二つ返事では答えられませんでした。

というのも、パートナーとしてタンバリンのメンバーと一緒に仕事をする中で、彼らの技術力の高さと仕事に対する真っ直ぐな姿勢を目の当たりにしていたんですね。私は彼らのようにガッツリとエンジニア畑を歩いてきたわけではない。それでも大丈夫なのだろうか、と。

その不安を大阪開発チームマネージャーの狩野さんに相談したら「同じような人ばかりでもつまらないでしょ。色々な人がいてもいいじゃない。悩んでいるのがそこだったら心配ないよ」と言われ、改めて中尾さんに相談したら本人的には全く悩むポイントではなかったようで「なんで悩んでいるのかようわからへん」とあっけらかんと言われました。

そんなことを言われたら「え、あ、はい。じゃあ入りまーす」ってなりますよね(笑)。2人の言葉で踏ん切りがついて、2019年5月に入社しました。

引き継いだあとの不要なトラブルを防ぐ

――現在の仕事内容を教えてください。

主にフロントエンドを担っていて、SalesforceのCommerce Cloudの開発に従事しています。リリースした案件が運用フェーズに入った際、ディレクターの補助をすることもあります。

開発案件は、基本的に一度に1件ずつ担当するようにしています。運用なら数件並行できるのですが、開発は集中しないと終わらないものなので、複数件受け持つと脳みその切り替えがしんどいんですよね。なので、その1件が終わる頃に次の1件を担当し始めて、最初の1件を運用担当に引き継ぐというスタイルです。

――運用担当に引き継ぐ時に意識していることはありますか?

私が相手に引き継ぐタイミングは、だいたい運用を始めるタイミングなので、誰が受け継いでもスムーズに仕事が始められるような状態にすることを意識しています。

私が回してる段階では役割分担できてない部分もまとめて引き受けてしまうのですが、引き継ぐ際にここはディレクター、ここはクライアント、ここは開発のエンジニア、という感じで担当テリトリーがきっちり分かるように整えています。運用に入った後にそれぞれの担当者が余計な作業をする必要がないですし、各々がお互いの担当を把握しながら運用できるので、不要なトラブルを防げますからね。だいたい2〜3ヵ月かけて整備してから渡すようにしています。

機械に正しく伝わる情報は、人間にも正しく伝わる

――仕事をする上で大切にしていることは何ですか?

丁寧なコードを書くことです。コードは、お客さんやユーザーからは見えない部分ですが、だからこそできるだけ丁寧な仕事をするようにしています。

私は、マークアップを“機械と人間の間の通訳”だと思っています。機械が理解できるような文法で情報を伝えることがマークアップの基本。ここはタイトルだよ、ここはナビゲーションだよって。基本的なことなのでマークアップエンジニアなら誰もができる部分ですが、意外と蔑ろにしている方が多いように感じます。実際、フリーランス時代には、びっくりするくらいぐちゃぐちゃなコードを何度も目にしてきました。

けれど、機械に正しく伝わるように情報を書けば、機械的に誰にでもどのような環境でも正しく情報が伝わるのではないでしょうか。マークアップはSEOのためにタグ付けを工夫する必要があると思われがちですけれど、本質はそこではありませんし、私自身は、一番効果のあるSEOは正しいコンテンツだと思っています。正しい情報が掲載されたコンテンツであれば、SEOを考えなくてもきちんとユーザーに伝わるはずです。

――タンバリンに入社して半年、今の気持ちを教えてください。

入社前から思っていましたが、やっぱりタンバリンは優秀な若い子が多いなぁと思います。特にエンジニア業界は変化し続けているので、学校で教わってきたばかりの子の方が新しい技術を知っていることも珍しくないんですよね。私はオンラインで勉強して未経験でエンジニア職に就いたので、ベースが違うとつくづく思ってしまいます。できれば若い子に弟子入りしたいくらい(笑)。

タンバリンは自分より立場が上の人やスキルが高い人とフラットに働けるので楽しいですね。誰もがいい意味で遠慮がないんです。だって社長に対してメンバーみんなが全力でツッコミを入れるんですよ。そんな会社、少なくとも私は他で見たことがありません。

このフラットな環境を楽しみつつ、若いエンジニアたちが楽しそうに仕事をしているのを見守りながら、私自身もどんどんスキルアップしていきたいですね。

★ぜひ他の記事も読んでみてください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
株式会社タンバリン 採用広報担当。tambourine magazine( https://note.com/mmmxmmm/m/m7338b08ddd48)週2回更新してます。

こちらでもピックアップされています

tambourine magazine (Excerpt)
tambourine magazine (Excerpt)
  • 6本

株式会社タンバリンのことを、もっともっと知ってもらうためのマガジン(抜粋版)です。公式メディア一覧→ https://linktr.ee/tambourine_inc

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。