GCRを介して復元された共和国:2021年11月26日
「ロシア」「ウクライナ」に関係する内容の可能性がある記事です。
極端な内容・真偽不明の情報でないかご注意ください。ひとつの情報だけで判断せずに、さまざまな媒体のさまざまな情報とあわせて総合的に判断することをおすすめします。 また、この危機に直面した人々をサポートするために、支援団体へのリンクを以下に設置します。 ※非常時のため、すべての関連記事に注意書きを一時的に表示しています。
見出し画像

GCRを介して復元された共和国:2021年11月26日

汚爺ちゃん

「私の仲間のアメリカ人よ、嵐は我々に迫っている」ジョン・F・ケネディ・ジュニア 2021年11月25日午前8時30分(木)61歳の誕生日に。

「心配しないでください、私たちは再び偉大になります。そして、私たち皆で一緒にやっていきましょう」POTUS 45


Judy Note:十分な陰謀が現実と出会った後、真実主義者たちは団結するでしょう。歌にもあるように、「私たちはもう我慢できません」

11月25日(木)、アメリカはマイアミで交換を開始することになっており、多くのクジラは感謝祭の間リノに残ることを含め、支払いを受けるための態勢を整えるように言われた。

11月26日(金)には、コロンビア、ブラジル、メキシコの3カ国で通貨交換を開始します。

ある時点で、 Tier 4B(私たち、インターネットグループ)は特別な償還センターで償還/交換の予定のスケジュールを開始します。

復元された共和国:

新世界秩序(NWO)カバルは、選ばれた少数の人々によって支配されている世界政府を通じて、人類を奴隷にする計画を持っていました。世界は神の支配と崇拝の下から、悪魔が神として崇拝され、その教義と価値観の下ですべてを支配するようになりました。その目的は、人間をロボット化し、自分で考えることができず、新世界秩序に依存しなければならない状態にすることでした。神よ、アメリカを守りたまえ。


A. 軍事的乗っ取りを引き起こす可能性のあるイベント:

Q クロック 2021年11月24日イラン 次へ:「彼らはとても近いです」イランは核兵器の製造が可能な状態にあると、米軍将官が発表しました。

太陽嵐の警告:太陽が5万マイルに及ぶ「高温プラズマの峡谷」を放出 - 衝撃を予測。宇宙天気予報士は、太陽からの高温プラズマと磁場の雲が地球を襲うことに備えている。
(と書かれていますが、実際はこちら。http://swnews.jp/)


B. ジェシー・ウォーターズことJFK JR がQとThe Great Awakeningを出力:
https://rumble.com/vpt4mn-jesse-waters-aka-jfk-jr-outs-q-and-the-great-awakening-its-all-true.html

ジェシー氏のビデオでは、トランプ氏がヒラリー氏に「それは村を必要だ」と発言したことを紹介し、ヒラリー氏がハイチで撮影したことを知るべきだと述べています。3月にHuluで配信されるヒラリー・シリーズにも期待したいところです。オーマイガー!人々は「感情」に関係なく、真実を知ることになるでしょう。彼らはセス・リッチの殺人について言及しています。彼は「殺された」年齢が27歳でした。JFK=27歳。シドニー・パウエルは、ウィーナーのビデオは悪いものだ、本当に悪いものだと言っています。熟練した刑事たちは吐き出しに行かなければならなかったし、自殺者も多かったのでは?また、ジェシーは、デジタル兵である祈るメディック氏とジョーダン・サザー氏に特別なエールを送るとともに、マイク・フリン将軍からすべてのデジタル兵に向けて、当然のことながら、うなずいている。必要なのは、情報を共有することです。この日が来ることはわかっていた。ベルトを締めて、ラインを維持してください。これは本当に良いことです。


C. クリントン財団によって資金提供されたマクスウェルにリンクされた国連解散:
https://beforeitsnews.com/prophecy/2021/11/new-cirsten-w-huge-thanksgiving-intel-un-dissolved-linked-to-g-maxwell-funded-by-clinton-foundation-2525891.html


D. Whiplash347:スケジュール、ダークからライトへ

Q [D5通信] 11月25日から12月5日= 10日

11月25日(木) 感謝祭、ジョン・F・ケネディ・ジュニアの誕生日。父の仇を討つためにやってくる(アラームのテスト?)

ピッグス湾、3日間のイベント、女王の死、ロンドンブリッジ作戦:アメリカの学校は休暇中。ヨーロッパの学校も閉まり始めています。学校が休みの場合、サイレンを鳴らすときに子供が学校にいると困るので、金曜・土曜よりも日曜・月曜のほうがいい。週末から下りてくる人たちが、気合いを入れて出かけるのに比べて。

Whiplash347:2020年1月1日にFacebookを開始する直前に、女王は亡くなり、王室は解散したと話しましたが、彼らはまだそれを知りませんでした。[ロンドンブリッジ作戦] 2019年11月28日~2019年12月5日。[D5] 橋への攻撃。イッカクの牙。ここからが本番です。テープが巻き上がるのを待つホーム&アウェイのようだ。

2019年2月/ 3月 英国王室は権力を剥奪されました。2019年11月 - 王室の資産は米国に接収された。これには連邦なども含まれます。POTUSがすべてをコントロールしている。年半ば 1871年の英国法が改正される。11月28日 女王が病院に行った日に、すべての王室の資産が差し押さえられました。これは英連邦全体と金などを意味する。翌日は「ロンドンブリッジ作戦」。ブリッジへの攻撃を参照。イッカクの牙=プリンス・オブ・ウェールズ。
https://www.theguardian.com/uk-news/2017/mar/16/what-happens-when-queen-elizabeth-dies-london-bridge

ポゴ作戦が行われています。これは、生きていないのに生きているように見せる機能です。例えば、女王以外では トム・ハンクスがギリシャに行く。偽りはホログラム技術であった。それは、彼らが外に出られるようになるまで、彼らを生かすための偽物だ。義眼マスク常駐を見ましたね。何人のフォトショップ/CGIクイーンを見る必要があるでしょうか?太って痩せたプリンス・チャールズを何人見る必要があるでしょうか?


E. COVID:

カナダ:注射を受けた後、病院にいる13歳の子供は、心臓が止まり続け、今は自分で呼吸することができません。

世界で最もワクチン接種を受けている国の1つであるポルトガルは、非常事態を宣言し、COVID19症例の突然の急増を抑制するために新しい制限を課しています。

インド、ウルハースナガル:スラム街の子供たちがウルハスナガルでCOVID鼻腔スワブテストキットを作っています!

マイケル・フリン氏は、Covidは「グローバル・エリート」によって意図的に世界に放出されたが、「デジタル戦士」が真実を暴露したため、「Covidを使った彼らの小さな計画はうまくいかなかった」と語っている。そして今度は、「エリート」たちが人口をコントロールするために、別のウイルスを解き放とうとしているという。


F. 食料、商品、燃料不足:

フランスの漁師たちは、「警告の一撃」として、明日、英仏海峡トンネルに向かうフェリーと英国行きの貨物を封鎖します。
https://uk.news.yahoo.com/brexit-french-fishermen-plan-block-154300106.html


H. 戦争と戦争のうわさ:

オバマ大統領の最後の6ヶ月間、彼はシリアにM28/M388デイビークロケッツ核迫撃砲を8門売った。シリアはそのうちの1つを手放しました。ロシア兵20人が死亡した。アメリカの核兵器がロシア人を殺すのは、あまり良いことではありません。残りの7つは、CIAに雇われていたイランのカッサム・ソレイマニ将軍が盗んだものである。CIAは彼をアメリカに入国させ、ウランやその他の武器をイランに持ち帰らせていました。ヴラドはロシア人をロシアから追い出し始めました。彼は第三次世界大戦の準備をしていた。選挙の前夜、私は 私は教会に行くことにしました。そこで私は、6人の中年女性のグループと話し始めました。彼女たちは、アフガニスタンに派遣されているオーストラリア兵の母親たちでした。オーストラリア軍は、ヒラリーが勝利した場合、すぐにロシアを核ロケットで包囲し、第三次世界大戦を開始するという説明を受けたばかりだった。


I. 11月25日(木)のリアルニュース:

ソロモン諸島で暴動発生、政府庁舎に放火。オーストラリアの治安部隊は、ソロモン諸島で発生した暴力的な抗議活動を抑えるために配備されました。ソロモン諸島では、2日目の暴動で怒った市民が政府の建物に放火したとされています。水曜日に発表された36時間の封鎖令にもかかわらず、群衆は議会を襲撃し、マナセ・ソガバレ首相の退陣を要求しました。
https://www.dw.com/en/solomon-islands-buildings-set-on-fire-as-rioters-defy-lockdown/a-59926421

アマゾンの従業員がブラックフライデーのストライキを計画しています。地球上の2億人以上の労働者を代表する「Make Amazon Pay」が、会社の従業員の労働条件の改善を要求する金曜日の抗議行動を組織しています。11月26日の抗議活動は、カリフォルニア、ドイツ、アイルランド、フランス、スペインなど、世界各地の工場や倉庫、企業のオフィスの外で行われる予定です。また、アマゾンの二酸化炭素排出量が拡大しており、その量は世界の国々の3分の2を超えていると主張しています。
https://www.forbes.com/sites/edwardsegal/2021/11/25/amazon-prepares-for-next-crisis---a-global-strike-by-workers-on-black-friday/?sh=419a8ec7498a


※ 以下、いつも通りなので、割愛します。(汚爺ちゃん)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
汚爺ちゃん
ただのジジイが自由奔放にやっていく。それが汚爺ちゃん!