見出し画像

Hello OGATSU! (前編)

はじめまして、小野です。トヨタというクルマの会社で働いていて、最近まで、自動運転や運転支援システムからドライバへの情報提供の方法を、研究したり開発したりしていました。2020年3月から、会社の異業種派遣制度で、モリウミアスで派遣社員を始めました。雄勝町の町づくりを推し進めるべく、現地で奮闘しています。まずは、自己紹介を兼ねて、モリウミアスで働くことになった経緯をご紹介します。

はじまりは2019年12月、上司からの突然の会議設定。

上司の方針で、半年に1回、1対1での面談を直接会ってやることになっていました。秋頃、他のメンバは終えていましたが、ひとりだけやれていませんでした。上司とはオフィスのロケーションが異なるため、月に1,2度、上司が出張してくるタイミングを狙い澄まして、会議設定する必要がありました。それが自分の予定とことごとく合わなかった。これはつまり、話したいことができたときに話に行けばいいじゃない?という神様の思し召しに違いない。

なんて思っていたところに、ビデオ会議の設定がされました。面談やらなくてもいいや、と思っていることに気づかれたか?さすが鋭くていらっしゃる。でも、秘書さんが面談は来年設定してくれると仰ってたような気がするんだけどな。一方で、当時、長く先行開発を担当していた案件は、念願かなって、製品開発が始まるところでした。製品開発に移行するから、ロケーション移動かな?ああ、でも、別の上司が、ベンチャーがどうとかってよくわからないことも仰ってたな。

上司がうっかり会議室を間違え、秘書さんに叱られるところから、和やかに面談は始まりました。「最近どう?」って聞かれるかな?上司の口から出てきた言葉は「異業種派遣」、「ベンチャー」、「3月か4月から」、「人間力等を磨く」、「……どう?」でした。めちゃくちゃ面白そうですね!ただ、中身まったくわかりませんけど。「では、快諾ということで」。……もちろんです!

こうして、ほぼ好奇心のみで、どこか異業種のベンチャーさんで働くこと、を決めました。「人事からの連絡があるから、そちらと話をしてね」。この時点ではどこに行くかは決まっていません。その後、エントリーシート作成、キャリアの振り返りと深堀り、希望する派遣先の選定、ご担当者様との面談などを、およそ一ヵ月というとてもタイトな日程でやりきることになるとはつゆ知らず。

今の会社への入社は学校推薦でした。とても優秀なリクルーターの先輩方の手厚いサポートがありました。インターンとして職場を体験させていただいたこともあり働く雰囲気は知っていました。でも今回は、ガチです。会社に入社以来、クルマの研究や開発ばかりやってきた人間を、働かせてくださる奇特な異業種の会社さんなんてあるのだろうか?おいでって言ってくれる会社さんに出会えなかったら、終わりなき面談が待っているのか。

モリウミアスで働くことになりました。

大変ありがたいことに、モリウミアスで働かせていただけることになりました。担当するのは、雄勝町の町づくりです。これまでの自分が取り組めていなかった、アイデアをスピーディに世の中に出していくことができそうなこと、これまでとは全く異なる体験である地域づくりという活動を通し、学びを得ながら社会に貢献していくことを目指します。

次回は、モリウミアスと雄勝町、それらに積極的に関わってくれる人たちお会いする中で抱いた印象をお話したいと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます*\(^o^)/*
19
震災から9年が過ぎ、やっと町づくりがはじまる雄勝町。ローズガーデンで奮闘を続ける徳水夫妻の活動が広がり、石巻市の事業となり、開発が進みます。 雄勝町の外の企業から派遣され、町づくりに関わるメンバーの視点から、町づくりの過程やその過程で感じていることを発信します。メンバー数:1
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。