見出し画像

Xデザイン学校でUXを学ぶ #05

ユーザー体験、人間中心設計、デザイン思考、サービスデザインなどを
学ぶため、毎月1回、Xデザイン学校に通っています。


「ブログを書くまでがワークショップ」

ということで、各回の終了後に
受講者が個々にブログを書くことが推奨されています。

しかし、ブログを書く習慣がなかった私にとって、
公開可能な講義内容で構成した記事を書くことに
楽しさを見いだせず、
効果的なアウトプットの方法ではないと思いました。

そこで、
受講者の多くがアウトプットに利用している
noteをエスノグラフィーの対象として、
授業で学んだことを活用し、学びを深めていこうと思います。

noteの未来を勝手に検証していきます。


エスノグラフィー調査

エスノグラフィー調査のため、
私は別アカウントで、記事を毎日投稿しています。

インタビュー対象の知人2名以外は知り合いを入れない形でスタートし、
note以外からの誘導は行わない(Facebook・Instagram等)として、
現在フォロワー数は70人弱となりました。

目的
・現地での長期滞在→記事を毎日投稿
・現地語の習得→noteならではの行動を習得
・現地社会の一員として受け入れられる→フォロー・フォロワーを増やすための行動
・現地社会の人々との間にラポールを築く→スキを送ったりコメントを書き込みコミュニケーションをとる


インタビュー

知人2名。

そして、noteは「お題」という企画で、
「noteでよかったこと」「note感想文」「noteのつづけ方」などの
記事を募集しています。

そこから、インタビュー(もしくは、それに近い状況)
を、行っています。


行動シナリオ

今回の講義から学んだことを元に、行動シナリオを作成しました。


ユーザープロフィール
名前:K
年齢:30代
性別:女性
職業:フリーランス(IT関連)

画像1

ユーザーの特性
・ブログでは数百人のフォロワーを持っているので、
noteに誘導できないかと考えている。
・noteはSEOが弱いので(今後に期待している)
メインはブログ。それ以外にFacebook・Instagram・Twitterで情報を発信。
そのためnoteの記事を書く時間がなく、行き詰っている。
・インフルエンサーを目指しているので、興味のない相手なら
相互フォローはしない。ブログからの誘導がうまくできていないので
noteではフォロワー数が伸びない。
・フォロワーの記事はほとんど読まない。

ユーザーのゴール
ブログのフォロワーが300人ほどになったので、
noteの有料記事で収入が得られるのではないかと始めてみたが、
最初は、フォロワーの多いブログで記事を書いた方が反応がいいし、
楽しいからnoteをうまく活用できていなかった。
それでも、SNSを試行錯誤し記事も工夫して頑張ってきた結果、
今はブログのフォロワーをnoteに誘導できている。
フォロワーが1000人を超えたことで、noteの定期購読マガジンの審査にも通り、夢だったオンラインサロン運営の夢が叶った。
ITのフリーランスの給与を大きく上回って、
月額課金の収入だけで生活できている。



ユーザープロフィール
名前:H
年齢:30代
性別:女性
職業:主婦

主婦

ユーザーの特性
・ブログの代わりにnoteで日常生活を綴っている。
・記事は決まった時間に毎日投稿している。
・noteでお金を稼ごうとは考えていない。
・相互フォローが基本で、コミュニティを持ちたいと思っている。
・フォロワーの記事には目を通して、コメントも結構書き込んで交流を深めようと楽しみながら努力している。

ユーザーのゴール
結婚して会社を退社してから、
どこのコミュニティにも参加せずにきた。
ご近所づきあいだと距離感が近くて何かと面倒だけど、
noteでの活動は、投稿するたびにスキを送ってくれたり、
コメントをくれるメンバーに対して、
今では、距離を越えて近い存在だと感じている。
あれ?あの人今日は投稿していないけど大丈夫かな?とか
家族みたいに心配になることもある。
noteは「クリエイターと読者をつなぐサービス」なので、
知的で優しい人が使っていることが多いと感じている。
ブログと違って、ネガティブな書き込みをされることは、この何年もゼロ。
noteが楽しすぎて、カルチャースクールもやめた。
いつまでもnoteの治安のよい環境が維持されますように。


次回

構造化シナリオ法

※スキップしている#4 質的調査の価値分析については
後日投稿します。


浅野先生からの推薦図書。
参考になりました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

10
ユーザー体験、人間中心設計、デザイン思考、サービスデザインなどを学ぶため、毎月1回、Xデザイン学校に通っています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。