見出し画像

水平線がゆっくりとひとつに重なれば③

箱根旅行の続きの続きです。

公園を後にして、強羅の駅まで歩く。
わりとすぐに箱根湯本行きのバスが来たので、寒い思いをすることなく車内に乗り込んだ。

バスの中で友人が眠っている。
ぐねぐねと曲がる下りの山道を進むバスの動きに気をとられているうちに、あっという間に箱根湯本の駅に着いた。

17 HACONE-YUMOTO

食欲にバグを起こしている友人が「湯葉丼食べれると思う」と言い出したので驚愕してしまう。
箱根に旅行することを別の友達に話したら「めちゃくちゃ美味しいのでオススメ!」されたので確かに気になっていたが、マジで?

湯葉丼屋さんにはぜんざいなどのスイーツメニューもあるそうなので、とりあえず休憩がてら向かうことにした。

▽意外と細い路地の中にある。

お店の自動ドアをくぐった瞬間、ぶわりとお出汁が沸騰する良い匂いに包まれた。あっこれはヤバい。
結論から言いますと、私のほうが豪華なセットを頼みました。

友人は湯葉丼単品と梅ワイン(かなり水みたいにするする飲める美味しい酒)、私は湯葉丼セット(姫とうふと生湯葉刺しがついてくる)を注文する。

めちゃくちゃ美味しくて、あっという間にお腹に収まっていった。
マジでずっと何かを食べているな?

▽たまごで煮閉じられた湯葉が別盛りでやってくるので、好きにご飯にかけて食べることができる。

▽名物の姫とうふ。ミッとしていて美味しい豆腐。

▽生湯葉刺し。お醤油をかけていただく。

写真を残していないのだが、付け合わせの漬物(キクラゲとこんにゃくの漬物だったらしい)がめちゃくちゃ美味しかった。
レジ横に売っているのを見つけた友人は、人へのお土産も含めて3袋買っていて「わかる~!」と思った。

17 HACONE ROMANCE CAR

箱根湯本の駅で軽くお土産を物色する。
来週末に会う予定の友人用に、名物の寄木細工が付いた可愛らしいブックマーカーを買った。

友人はすでに、トートバッグ・ちくわ・切子のグラス・漬物等の大量のお土産物を抱えているので、特に何かを買い足したりしていないようだ。
箱根満喫していて素晴らしいな。

当日券で、すでにホームにいるロマンスカーの特急券を買う。


もう我々20代後半には鈍行で帰る体力がない。2,000円くらいでスッ…と新宿まで帰宅できる箱根ロマンスカー、本当にありがとう。

窓の外で、ちょうど空が暮れていく。

ロマンスカーの中で、あと2人お土産を渡したい人がいることを思い出した。
しかしお化けは焦らない。行きの車内で「ロマンスカー限定グッズ」を発売していることをすでにチェック済みなのだ!

▽ロマンスカー車内限定グッズを購入。

上からクッキー、お箸、お箸。
寄木細工もお箸も2組ずつ買ったので、先に会う2人に好きなほうを選んでもらおうともらおうと思う。

クッキーは車内で食べた。
横では友人が車内限定のジェラートを食べていて本当に気が狂っていた。

ロマンスカー内で居眠りしているうちに、気づいたら車内表示が「次は 新宿」に変化していた。
なんだかあっという間だったが、めちゃくちゃ充実した2日間だった。

箱根、近くて楽しくて最高の街。
たぶん2年くらいしたらまた行くと思う。次もきっと切子体験しちゃうな…。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

くそ休職貧困女です。旨い飯が食べたい。

読んでくれたのですか、ヒェ~~!
6
お化けです / 何の面白味もない / 呟くには長い / title:しーくん(on Twitter:@rr_bkmk) / icon・header:マツオカナ(on Twitter:@kana5806 )