見出し画像

ドイツ語の楽しさをワークショップで伝えたい

Hallo zusammen! みなさんこんにちはkomachiです☺︎

ドイツ語ってこんなに楽しい!を伝えたくてワークショップを不定期で行いはじめ、1年が経ちました。今まで計8回、60名弱の参加者さんにお越しいただいたようで自分自身驚いています。

これからも長く取り組んでいきたいものなので、今日は振り返りも兼ねて「ドイツ語ワークショップって何?」という方向けに今までのまとめをしてみます。

◯◯なドイツ語まとめてみた

記念すべき第1回目のワークショップがこちら!覚えにくいドイツ語単語をイラストなどを使ってまとめて覚えてしまおうというワークショップです。

1回目なのもあってすごく緊張したのを覚えています。それでも終わった後には「やっちゃった〜!できるじゃん!ドイツ語と"WORK(創作)"って組み合わせれるじゃん!いけるぞ〜!!」と純粋に嬉しかった&可能性を感じたのを思い出します。

画像1

画像2

画像3

どれもすてきな作品ばかりです。このまとめてみたシリーズは色々と原点でもあり尚且つたのしいのでまたやりたいです:)


ドイツ語アドベントカレンダー

アドベントカレンダーを使ってドイツ語勉強を楽しくできないか...と考えていたときにパッと思い浮かんだのがドイツ語アドベントカレンダーでした◎


画像6

楽しさと実利性を兼ね備えた優れもの...♪

画像7

画像8

ちなみにこのあたりまで赤字でした(笑)

そしてこの回からやっと(!)参加者の方々と集合写真を撮るようになりました◎(もっと前から撮っておけばよかった・・・)

会場:Stadt Heurige 葡萄舎
日本有数のオーストリア料理専門店さんです🇦🇹おすすめはランチです!全て丁寧に作られているのが分かるおいしさで、お店の雰囲気もとてもいいです◎オーナーさんのオーストリア好きが深く伝わってくる素敵なレストランです^^


ドイツ語カフェタイム

あるフォロワーさんからご連絡いただいて実現したのがドイツ語カフェ。わたしが神戸で教えていた生徒さん中心に声をかけ、ドイツ語でワイワイ話しました(^0^)

画像16

1日に2部行ったのですが、体力的にめちゃくちゃ疲れたのを覚えています(笑)それでも、なかなか日本にいたら出会えないドイツ語を話すという機会を生徒さんたちに提供できて、普段勉強してるドイツ語を使っている場に居合わせることができて、なんだかじ〜んとしてしまいました(^^)

画像9

またこういった「実際に話す」イベントは定期的に行いたいので、「ドイツ語ネイティブの友だちいてこういったイベントに興味ありそう!」というお友達やお知り合いがいる方はぜひわたしまでご一報を:komachi.myk(at)gmail.com

会場:
昼の部:Stadt Heurige 葡萄舎
アドベントカレンダーのときと同じお店です^^ このときはワークショップがおやつ時だったので、オーストリアデザートプレートを用意して頂きました(これがすごく美味しかった...)◎
夜の部:パーラークニヲ
「ニュー喫茶」がぴったりな雰囲気のカフェです。ドイツの有名な紅茶メーカーRonnefeldが置いてあり(なかなか日本では見かけないので)、私自身神戸で普段からよく通っていた場所でもあります☕️個人的にBGMがすごく好きです。

そして、神戸に行ったならぜひこの2つのカフェへ..♪


世界にひとつだけの単語帳

東京に引っ越し、初めて東京でワークショップを行いました!東京はやっぱり人口が多い!もしくはただ単に「ドイツ語ワークショップ」に興味を持つ人が増えたのかな?告知して定員になり締め切るまで半日もなかったのを覚えています(^^;)神戸だと毎度ギリギリまで告知していました。

画像18

ただ単に従来の単語帳を作るのではなく、私が普段ドイツ語を教えていることから学んだ効果的な使い方・作り方をシェアしながら世界にひとつだけの単語帳を作り上げていきました◎

画像5

この時はSNSで感想を呟いてくれる方が多くってすごく嬉しかったです。「たのしかった」など一言でも、それを目にできるとやっぱりほっとします。進行を司ったり場の雰囲気を盛り上げたり色んな人と話すことは得意な方ではありますが、ワークショップの日は食欲がなくほぼ1日何も食べないくらいいつも緊張しているので、感想を見ながら夜ご飯を落ち着いて食べる時間は至福です。

画像11

ある参加者の方がそれはそれは嬉しいブログも書いてくれたのでそちらもシェアします(嬉)


さて、良くも悪くも決めたら即行動!な私は基本的に毎度「イベント日時は決まったけど場所が決まってない問題」に出くわします(そろそろ学びたい...)。

「場所を探しています」という何気無いツイートを拾ってくれたある方のご協力により、すごくすてきな空間で単語帳ワークショップは行うことができました(;;)SNSって侮れない・・・

会場:GLOCAL CAFE
語学書といえば!で有名な三修社さんのカフェです(^^)店内は落ち着いた空間で、語学書も充実しており語学好きさんにはたまらないと思います(私含め)!何がいいって「語学書だぞ〜〜」という主張が強くないところ◎カフェとして楽しめて、「読みたい人・興味がある人は見てみてね」くらいで居心地がいいです。


小さなドイツ語本を製本

叶って嬉しかった個人的に思い入れのあるワークショップのひとつです◎小さな本工房さんという手製本をメインに活動されている方とのコラボワークショップでした(^^)

画像17

なんとこちら1年前から「あーでもないこーでもない」と構想を練ってきてやっと実現したものですごくすごく嬉しかったです(;;)本当に・・・

画像19

インスタグラムが本になって飛び出てきた!な感じですごく可愛くないですか...?普段自分の活動について、身近な人に「自分から」話すことってすごく少ないんですけど、この本に関してはみんなに自慢しちゃいます。

思い入れも、可愛さも、あたたかみも、勉強要素も詰まった大切な本ができました。一般発売はしていないので世界に12冊しかありません(驚)第二弾も行う予定ですのでどうぞお楽しみに!

画像13

この時はドイツ料理専門店Bernd's Barさんにお声がけいただき、ワークショップ後はその場でみんなでドイツ料理を楽しみました(^0^)Prost!(ドイツ語で「乾杯」)

いつもバタバタしていて参加者の方とゆっくり話せないので、こうわいわいお話しできて楽しかったです。

会場:Bernd's Bar 六本木
ドイツのお客さまも頻繁に訪れる25年目の本格ドイツビアレストラン🍻私はシュニッツェル(ドイツ風トンカツ)と白ビールをいただきました^^
アットホームな雰囲気で何より提供される料理・ビールがすごくおいしくて、終始しあわせな気分になりました。プライベートでも行きたい...!!


道案内のドイツ語

今まで何かとWORKと掛けあわせたワークショップを行ってきたのですが、この時は初めて「ドイツ語」で溢れた空間を作り出しました^^ 2020年東京オリンピックに先がけ、道ばたで遭遇したドイツ語圏の方をどう道案内するか、というのが今回のテーマでした。

画像12

初級者さんも上級者さんもみなさんがレベル関係なく楽しめるワークを用意してたんですが、うまくいってよかったです。感想も嬉しい言葉ばかり・・!!

画像15

ネイティブではなく帰国子女でもないわたしがドイツ語を教える意味、ましてやドイツ語を話す意味について度々考えるのですが、「自分でもできるかもしれない」という希望を与えれることかなという結論に最近はたどり着いています。

言語って終わりがないし、特に「話す」となると文法的に違ってしまうことだってどうしてもあって。それでも、だからこそ?「ここまでできるかもしれない」という可能性を提示できているのかなあと。まだまだ頑張らないと、と自分自身を奮い立たせる手段でもありますが(笑)

Guten Tag! Danke!すら知らなかったひとりの日本人がドイツ語で生計を立てている、という事実に意外と意味があるのかなと思ったり、思わなかったり、な毎日です。

画像17

さて、ワークショップの話に戻ります。参加者の方にはこのような胸に付ける缶バッジもプレゼントしました^^ Kann ich Ihnen helfen?(お手伝いしましょうか)と書かれています。


あとこの回は嬉しいことに三修社さんからオファーをいただけたため、イベント当日のことにガッと集中できてすごく精神的・体力的にやさしかったです。バックサポートが手厚くて本当に心強かった...。イベントレポートもぜひ読んでみてください。


-----------------✂︎-----------------


と、ここまでになります。いかがだったでしょうか^^


ワークショップは自分が1番楽しんでいるんじゃないかと思うくらいいつも楽しくて、ひとつひとつに思い入れがあります。

このnoteで、「komachiのドイツ語ワークショップ行ってみたいな」と思う人がひとりでも増えていたなら、嬉しいです。


お問い合わせ:
各SNSのDM または
komachi.myk(at)gmail.com



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートがあると大好きなアイスを食べれるのでわたしが個人的にすごく幸せになります。創作活動にいかします◎

Vielen Dank^^
50
ドイツ語を教えて、伝えて、かく仕事をしています🌙 ドイツ語を通じて日常に彩りを: Vollmondを動かしている人🌕 HP:http://vollmond.online

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。