ひよこ

ガタンガタン‥ガタンガタン‥

ひよこはベルトコンベアに乗せられて

どんどん上に上がっていくよ。

「こわいよこわいよ」

隣のひよこは泣き出したけど

「大丈夫よ」と勇気づけてあげた。

私もほんとは泣きそうだけれど

ガタンガタン‥ガタンガタン‥

揺れて何度も尻もちをついたから

お尻がとってもいたいよ。

自慢の羽毛が擦れて抜けてちらばった。

それでも上がっていくその先を

目を凝らして見てみたら

人間の手が見えてきた。

その手ははひよこをつぎつぎに掴んでいく。

私は怖くてブルブル震えた。

ブルブルブルブル

とっさに真下を見たら足がすくんだ。

人間の手がどんどん近づく。

ガタンガタン‥ガタンガタン‥

その手はついに私をむんずと掴んだ。

人間の目がこちらをジロジロと見た。

逆さにしてひっくりかえして、

羽をつまんで足をつまんで、

また逆さにしてひっくりかえして、

ジロジロ見た。

そして、小さい狭いところに私を入れた。

すきまからそっと覗くと

隣のひよこは掴まれたとき妙な叫び声をあげていた。

私のときみたいに人間はジロジロと見ると

自分とは違う場所に隣のひよこを入れた。

しばらくして、

さっきの隣のひよこは泥を落としてもらって、

リボンをつけてもらっていた。

私はリボンをつけてもらえなかった。

毛並みがあのひよこより悪いから

おしりの毛がガタンガタンで擦れたから

私はどこに行くのだろう。

人間に食べられてしまうのだろうか。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
おーえる/えるぽよ

文章がいいな、おもしろいな、思ったら、サポートしてくれたら嬉しいです!へへへ!使いみちは、バキバキのスマホで文章書いているので、スマホを買いたい!

うれち!
3
ミスiD2019ファイナリスト。えるぽよと呼んでください。アイプチしてるやつはだいたい友達。Twitter→@MC88009062