見出し画像

021  産前産後にもらえるお金をシミュレーションする

働く妊婦さんが一番知りたいのは産休育休中にいくらお金がもらえるか!ですよね。妊娠前にも一番気がかりだったポイント。正直扶養に入らないといけないくらい収入減ってしまうのでは?と思っていました。

会社によっては、人事労務担当からしっかりとした資料が出てこないというケースもある上、抜け漏れあった場合に損するのは自分なので自力で調べる方法を共有します。


なんとこれに入力するだけ!!!
UIが一番シンプルなのでこちらのシステムがお気に入りです。


スクリーンショット 2020-04-01 18.43.14

例えばこんな感じで入力すると...

スクリーンショット 2020-04-01 18.43.21

スクリーンショット 2020-04-01 18.43.32

こんな感じで何がいつどのくらいもらえるか一目瞭然。妊娠前の家族会議にも使えますね。


最後に私が学んだ限りのポイントを挙げます。

・出産一時金は退院時に支払う出産費用と相殺(大体都内だと自己負担+20万〜60万くらい、地方なら〜+10万くらい)
・産休に入ったタイミング〜育休終了まで社会保険料(健康保険料・厚生年金保険料・雇用保険料)が免除
→額面の2/3が手取りとして受け取れる
・住民税は昨年水準でかかってくるので別途支払必要
・育休手当は隔月に2ヶ月分支給
→支払開始のタイミングが書類の処理タイミングによってになってしまい、読めないらしいので、産んだらなるべく早く人事総務に対応してもらうと良い
・会社によっては産休育休期間でもボーナスの支給がある場合があるので要確認
・男性の育休でも社会保険料かからなくて済むので、例えばボーナス支給月に旦那さんに1日以上育休を取得してもらって節税、という裏技もあるらしい

ちなみに、こちらのシミュレーションで出産手当金・出産育児一時金
・育児休業給付金を除いた1月〜12月の収入(額面)が201万、もしくは103万以下となる方はその年だけでも配偶者の扶養に入った方が税制的にお得になります。ただし、旦那さんの収入など制限ありますので詳しくは以下読んでみてください。


こんな感じでなんとなくもらえるお金を把握しておくと、少し今後の生活の見通したつかなと思います。何かとお金がかかって大変なことも多いですが、せっかく頑張って働いているので貰えるものは全て貰う精神で図太く行きましょう!


2020/04/01  NAKAO AYUMI

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキありがとう!よかったらSNSにシェアしてね。
2
とにかく運のいい広告代理店の黒ギャルプランナー | 産休中 | http://instagram.com/o0areyoume0o

この記事が入っているマガジン

出産までにやること40
出産までにやること40
  • 39本

20代初産フルタイムワークのわたしが、安定期に入ってから出産までの5ヶ月にやったことを綴ります。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。